2020年05月20日

「ランチタイム・スタディ 2020統計数値」の58日目は、「令和元年賃金構造基本統計調査結果の概況」から「短時間労働者の賃金」の調査記載事項です。


短時間労働者の賃金

【令和元年賃金構造基本統計調査結果の概況】

短時間労働者の1時間当たり賃金は、男女計1,148円(前年比1.8%増)、男性1,207円(同1.5%増)、女性1,127円(同2.0%増)となっている。

男女別に、年齢階級別でみると、男性、女性ともに、20~24歳以降で1,000円を超えており、最も賃金が高い年齢階級は、男性では、60~64歳で1,376円、女性では、30~34歳で1,200円となっている。

賃金男女


企業規模別にみると、男性では、大企業1,166円(前年比1.7%)、中企業1,237円(同0.9%)、小企業1,237円(同2.1%)、女性では、大企業1,131円(同2.0%)、中企業1,133円(同2.0%)、小企業1,115円(同3.0%)となっている。

産業別にみると、男性では、「運輸業,郵便業」(1,276円)が、女性では「医療,福祉」(1,318円)が最も高くなっている。

また、前年で1,000円未満であった女性の「製造業」が1,025円(前年995円)となり、男女ともに全ての産業で初めて1,000円を超えた


<ポイント>

・短時間労働者の1時間当たり賃金は、だいたい1,150円、男性1,200円、女性1,100円というところで、最低賃金の上昇という要因もあり、上がってきています。細かい上がり幅の数字は覚える必要はありませんが、女性の方が大きくなっています。

・最も賃金が高い年齢階級は、男性では、60~64歳は理解できると思われますが、女性は、「30~34歳」となっていますのでここは少々、気に留めておきたいところです。

・短時間労働者の1時間当たり賃金は、企業規模別に違いはみられません。

・短時間労働者の1時間当たり賃金を産業別にみると、人手不足が大きい業種の「運輸業,郵便業」(男性)、「医療,福祉」(女性)がきていますが、特に、「女性の医療,福祉」が「1,318円」となっていて、金額的には抜きんでています。これは、特に人手不足の激しい「福祉」において、賃金が高くないと応募する人が少なく、新規応募の時給を高く設定すると、既存の従業員の賃金(時給)も上げなければならないというところからきているようです。(それだけ、経営者も管理職層も社員も大変な思いをされていることと思われますが、介護保険・施設が我国の介護保険制度を支えてくれているからこそ、年老いた親を持つ現役世代も安心して仕事ができる環境にあるように思います。)



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字