2020年04月07日

「ランチタイム・スタディ2020統計数値」の31日目は、「労働力調査詳細集計(速報)令和元年平均結果の概要」から「女性の年間収入の実態」の調査記載内容です。
今まで「女性の雇用管理の実態」を3回ほどみてきましたが、今回の項目は記載の文章が少ないため、単独の単元とはせずに、「女性の雇用管理の実態」と合わせてお伝えします。


女性の年間収入の実態

【労働力調査詳細集計(速報)令和元年平均結果の概要】

〇女性の非正規の職員・従業員の年間収入は100万円未満が全体の44.0%を占め、前年に比べ0.1ポイントの低下

2019年平均の仕事からの年間収入階級別割合を男女、正規、非正規の職員・従業員別にみると、男性正規の職員・従業員500~699万円が23.3%と最も高く、次いで300~399万円が19.8%などとなった。

一方、非正規の職員・従業員100万円未満28.9%と最も高く、次いで100~199万円27.8%などとなった。

女性正規の職員・従業員200~299万円が27.6%と最も高く、次いで300~399万円が24.7%などとなった。

一方、非正規の職員・従業員は100万円未満44.0%と最も高く、次いで100~199万円が38.6%などとなった。


<ポイント>
・ここでは、正規よりも非正規の方が重要です。男性も女性も、非正規は、100万円未満が最も多く、次いで、100万円台となっています。

・非正規の年間収入が200万円未満である人は、男性では5割を超え、女性では8割を超えています。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字