2020年04月03日

「ランチタイム・スタディ2020統計数値」の29日目は、「「平成30年度雇用均等基本調査」の概況(企業調査)」から「女性の雇用管理の実態」の調査記載内容です。


女性の雇用管理の実態

【「平成30年度雇用均等基本調査」の概況(企業調査)】

(3)女性管理職を有する企業割合

女性管理職を有する企業割合についてみると、課長相当職以上の女性管理職(役員を含む。以下同じ。)を有する企業割合56.3%係長相当職以上の女性管理職(役員を含む。以下同じ。)を有する企業割合63.2%となっている。


(4)管理職に占める女性の割合

課長相当職以上の管理職に占める女性の割合(以下、「女性管理職割合」という。)は11.8%で、前回調査に比べ0.3ポイント上昇係長相当職以上の女性管理職割合13.5%で、前回調査に比べ0.7ポイント上昇した。

それぞれの役職に占める女性の割合は、部長相当職では6.7%(前回調査に比べ上昇)、課長相当職では9.3%(前回調査と同率)、係長相当職では16.7%(前回調査に比べ上昇)となった。

規模別にみると、いずれの管理職割合においても10~29人規模が最も高い


<ポイント>
・課長相当職以上の女性管理職を有する企業割合は5割を超え、係長相当職以上の女性管理職を有する企業割合は6割を超えていますが、実際に管理職に占める女性の割合は1割台です。

・それぞれの役職に占める女性の割合は、部長相当職、課長相当職、係長相当職で、それぞれ5%、10%、15%程度です。

・規模別で小規模企業の方が高いのは、人数が少ない分、女性管理職1人当たりのウェートが高くなりますから当然です。「10~29人規模が最も高い」のは、この統計調査が「常用雇用者数10人以上の集計」であるからです。



来週もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字