2020年03月31日

「ランチタイム・スタディ2020統計数値」の26日目は「平成30年版働く女性の実情」から「働く女性の実情」の推定予想問題です。


<問題(働く女性の実情)>

〔問〕 働く女性の実情に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、本問は主に「平成30年版働く女性の実情」を参照しており、当該調査による用語及び統計等を利用している。

A 平成30年の女性の労働力率を年齢階級(5歳階級)別にみると、「25~29歳」と「45~49歳」を左右のピークとし、「35~39歳」を底とするM字型カーブを描いているが、左のピークの「25~29歳」の女性の労働力率は8割を超え、右のピークの「45~49歳」の女性の労働力率は8割までは届かず、M字型の底の値は7割を超えている。

B 10年前と比べ全ての年齢階級で労働力率は上昇しているが、上昇幅が最も大きいのは「30~34歳」である。

C 配偶関係別に平成30年の女性の労働力率をみると、未婚者は65.9%、有配偶者は55.0%、死別・離別者は31.7%となっており、いずれも昨年より上昇している。

D 年齢階級別に未婚又は有配偶者女性の労働力率をみると、未婚者では「25~29歳」が最も高い。

E 年齢階級別に未婚又は有配偶者女性の労働力率をみると、有配偶者は、「45~49歳」が最も高い。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


B


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (平成30年版働く女性の実情) 本肢のとおりである。

B ☓ (平成30年版働く女性の実情) 10年前と比べ全ての年齢階級で労働力率は上昇しているが、上昇幅が最も大きいのは「60~64歳」(14.5ポイント上昇)である。なお、「30~34歳」では11.8ポイント上昇しており、グラフ全体の形はM字型から台形に近づきつつある。

C 〇 (平成30年版働く女性の実情) 本肢のとおりである。

D 〇 (平成30年版働く女性の実情) 本肢のとおりである。

E 〇 (平成30年版働く女性の実情) 本肢のとおりである。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成30年版働く女性の実情からの出題です。Aの左右のピークとボトムの年齢は必ず押さえておくべきですが、もう1歩、踏み込んで、それぞれの労働力率を押さえておきたいところです。すなわち、「左のピークの「25~29歳」の女性の労働力率は8割を超え、右のピークの「45~49歳」の女性の労働力率は8割までは届かず、M字型の底の値は7割を超えている」ところまで知っておきましょう。このことからも、グラフ全体の形はM字型から台形に近づきつつあることがわかります。

・Bにあるとおり、10年前と比べ全ての年齢階級で労働力率は上昇しているが、上昇幅が最も大きいのは「60~64歳」になります。ここは、雇用確保措置が進んでいることから伸びていると理解してください。

・D及びEの「年齢階級別に未婚又は有配偶者女性の労働力率をみると、未婚者では「25~29歳」(92.4%)が最も高く、有配偶者は、「45~49歳」(77.1%)が最も高い。」というのは、左のピークの「25~29歳」の労働力が高いのは、未婚者が寄与していて、右のピークの「45~49歳」が労働力率が高いのは、有配偶者が寄与しているからといえます。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字