2020年03月20日

「ランチタイム・スタディ2020統計数値」の19日目は、「労働力調査(基本集計)」及び「労働力調査詳細集計」から、「若年層の雇用動向」の推定予想問題です。



<推定予想問題(若年層の雇用動向)>

〔問〕 若年層の雇用動向に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 若年層の完全失業者は、2019年平均で60万人であり、若年層の完全失業率は3.4%である。

B 35~44歳の完全失業者数は、2019年平均で31万人である。

C 若年無業者は、2019年平均で56万人である。

D 「若年層のパート・アルバイト及びその希望者」(いわゆるフリーター)は、2019年平均で138万人となり、前年に比べ減少している。

E 「若年層のパート・アルバイト及びその希望者」(いわゆるフリーター)を男女別にみると、男性の方が女性よりも多い。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



E



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (労働力調査(基本集計)2019年(令和元年)平均(速報)結果の概要) 本肢のとおりである。

B 〇 (労働力調査(基本集計)2019年(令和元年)平均(速報)結果の概要) 本肢のとおりである。

C 〇 (労働力調査(基本集計)2019年(令和元年)平均(速報)結果の概要) 本肢のとおりである。

D 〇 (労働力調査詳細集計(速報)令和元年平均結果の概要) 本肢のとおりである。

E ☓ (労働力調査詳細集計(速報)令和元年平均結果の概要) 「若年層のパート・アルバイト及びその希望者」(いわゆるフリーター)を男女別にみると、男性は66万人、女性は72万人であり、女性の方が男性よりも多い。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・「労働力調査(基本集計)」及び「労働力調査詳細集計」から、「若年層の雇用動向」の択一式問題でした。ここではおおまかな数字を押さえておいてください。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字