2020年02月13日

過去問に関して、ご質問を頂戴しました。
ご質問の内容は、「受講していなくても過去問を購入できますか?」というものです。

回答は、「できます。」です。

東京本校又は大阪本校にお電話か訪問のうえ、お問い合わせください。
現時点で、過去問①労働法編、②労働保険編、③社会保険編、④年金編のうち、①~③が出来上がっています。
1冊1,100円となります。

せっかくですから、過去問の特長を記載しておきます。

現時点で過去問題集を利用されている方は、この機に、特長を活かした活用をしてください。


過去問表紙




左右ページの見開きに問題・解説が配置されており、学習しやすいよう様々な工夫がされています。
 
(Ⅰ)左ページの問題と右ページの解説が同じ行から始まりますので、問題を解いた後に、すぐに解説を読むことが可能です。

行がそろっていないと、左ページの問題文を読んだ後、問題番号を再度、確認してから右ページの解説の番号を追うことになり疲れてしまいます。

見開き



 
(Ⅱ)時間的に10年分全部をすぐにはできない場合には、段階を追って学習することが可能です。

(ⅰ)直近5年か否かを表記していますので、直近5年分だけを最初に解き、6年~10年前までの問題を後回しにすることが可能です。

(ⅱ)難易度設定を記載しています。
(基本問題=□□、応用問題=■□、発展問題=■■)
このことから、最初は基本問題だけに目を通し、力が付いてから応用、発展段階を追って学習できます。

(ⅲ)正解肢マークがあります。
※正しいもの探しであれば正しい肢が正解肢となり、誤っているもの探しであれば誤っている肢が正解肢となります。
時間の無い本試験直前期には、「正解肢の拾い読み」をすることができます。正解肢は、他の4つの肢よりも重要な意味を持つ場合が多いためです。


社労士_使い方


 
(Ⅲ)過去10年分の本試験問題が1肢ごとにほぼテキストと同じ並びで掲載されています。

(ⅰ)テキストとほぼ同じ並びですから、講義で受講した直後に、その範囲の箇所を過去問を開いて解くことが可能です。

(ⅱ)テキストに掲載されている箇所が、過去にどのくらい出題されているかがわかります。
したがって、狙われやすい箇所とそうでもない箇所がわかります

(ⅲ)本試験問題は、5年分や7年分では不十分です。
8年~10年前に出題された問題の焼き直しが出題されているケースが往々にして見受けられるからです。



⇒これらの工夫により、インプットにおいて過去問同時並行学習途中で投げ出さずに続けていくことが可能となります。

そして、最後にもうひとつ、大きな特長があります。


(Ⅳ)大きさはB5サイズで中央に印字されているため、余白が多く、書き込みや切り貼り等ができます

もし、あなたがテキストを読み込んでいくことがあまり得意でなく、過去問を中心に学習を組み立てたいときは、佐藤塾の過去問は余白が多いので書き込んだりして、自分なりの学習帳に仕上げることができます。

たとえば、このように
※詳しくは、ブログ「大学受験のセンター試験の世界史で満点をとった受験生の参考書 【やる気のスイッチ】」をご覧ください。

この記事で取り上げられているものは、テキストではなく、一問一答の問題集です。
したがって、過去問を台紙として、このように、作りこんでいくことも可能なわけです。

この場合のメリットは、出題されている箇所のみ、重点的に学習を行うことが可能となりますから、学習効率が高いという点です。

問題として出題されている箇所を確認したうえで、そこをベースに情報を加えていく形となりますから無駄がありません。


いろいろ自分なりの工夫をして、学習を積み重ねていってください。



コメントする

名前
 
  絵文字