2020年02月20日

「ランチタイム・スタディ」の第93問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月23日の佐藤塾ブログの
『「ランチタイム・スタディ2019本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、93問目は、選択式の社会保険一般常識です。

正答率10%の問題で、難問です。
※難問とは、合格者でも正答率が50%を割ってしまっている問題を指します。
※正答率が1割で、10人中1人しか正答できなかった問題です。
※本問は、ランチタイム・スタディのラスト前になります。(2019年本試験の中で2番目に難しかった問題です。)


<問題( 選択式 社一 E )>

確定拠出年金法第37条第1項によると、企業型年金加入者又は企業型年金加入者であった者(当該企業型年金に個人別管理資産がある者に限る。)が、傷病について E までの間において、その傷病により政令で定める程度の障害の状態に該当するに至ったときは、その者は、その期間内に企業型記録関連運営管理機関等に障害給付金の支給を請求することができるとされている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。


⑩ 障害認定日から65歳に達する日
⑪ 障害認定日から70歳に達する日の前日
⑫ 初診日から65歳に達する日の前日
⑬ 初診日から70歳に達する日



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


⑪ 障害認定日から70歳に達する日の前日(確定拠出年金法37条1項)

   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント


・選択式の社会保険一般常識のEは、確定拠出年金法からの出題でした。通常、65歳と考えてしまうため、確定拠出年金法を細部まで学習している人でないと、正解できない問題ですが、できればこのあたりの特徴は習得しておきたいところです。



明日が最終回になります。

明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字