2020年02月12日

年金法パックオビ


択一式の得点を引き上げたい方へ!

試験科目の約3分の1を占める年金科目が得意になれば、合格はかなり近づきます。
情報量の豊富なプレミアムテキストと理解重視型の佐藤としみ講師の講義が、“ 知識を得点に結びつけるメソッド ”をお伝えしていきます。



■構成
①国民年金法 2.5時間×6コマ (プレミアムテキスト付き)
②厚生年金保険法 2.5時間×6コマ (プレミアムテキスト付き)
 ※プレミアムテキストの特長はこちら

■開講日
・東京本校LIVE 3/8(日)
・東京本校ビデオブース 3/13(金)
・通信Web 3/18(水)配信開始
・通信DVD 3/16(月)発送開始

■料金(辰已価格)
・通学 46,400円
・通信Web 47,400円
・通信DVD 50,500円
・通信Web+DVD 52,600円


独学の方で、少しは予備校の学習に予算を割いてもいいという方の中で、択一式の得点を上げることが課題である方(令和元年の本試験択一式の得点状況が30点台の方)は、社会保険科目の中でも年金科目の得点を上げる必要がありますので、特にお薦めです。

というのも、年金科目は、国民年金法10問、厚生年金保険法10問の問題数があり、択一式試験全70問の約3割(正確にいうと28.6%)であり、問題量のウェートが高いことが挙げられます。
(たとえば、労基・労災・雇用の合計(7問+7問+7問=21問)でぴったり3割ですから、ほぼこの3科目の量の重みがあります。)

また、国民年金法10問、厚生年金保険法10問の合計得点が、13点以上から合格する人が多くなっています。
要するに、国年・厚年の得点は、ある意味、どれだけ必死に学習に取り組んできたかのバロメーターになっているともいえます。
※過去に国年、厚年の合計得点が11点という合格者もいましたが、その場合、労基・安衛が9~10点などという高得点を取っています。
※国年、厚年の合計得点が10点という方で合格できた人を知りません。
※もちろん、国年、厚年の合計得点が高得点であっても、合格できなかった(選択式で涙をのんだなどの理由で)人もいますが、択一式の総得点の合格ラインはおおよそ突破しています。

したがって、合格を勝ち取るためには、年金が得意であるといえるくらい、または、年金にかなり多くの時間を費やして学習したと自負できることが必要と考えられます。
やり過ぎたといえるくらいの勉強量でちょうどいいわけです。

がんばってください。



コメントする

名前
 
  絵文字