2020年01月17日

「ランチタイム・スタディ」の第70問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月23日の佐藤塾ブログの
『「ランチタイム・スタディ2019本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。

さて、70問目は、択一式の健康保険法です。

正答率47%の問題です。



<問題( 択一式 健保 問6 )>

〔問 6〕 健康保険法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 全国健康保険協会は政府から独立した保険者であることから、厚生労働大臣は、事業の健全な運営に支障があると認める場合には、全国健康保険協会に対し、都道府県単位保険料率の変更の認可を申請すべきことを命ずることができるが、厚生労働大臣がその保険料率を変更することは一切できない。

B 保険料の先取特権の順位は、国税及び地方税に優先する。また、保険料は、健康保険法に別段の規定があるものを除き、国税徴収の例により徴収する。

C 日雇特例被保険者の保険の保険者の業務のうち、日雇特例被保険者手帳の交付、日雇特例被保険者に係る保険料の徴収及び日雇拠出金の徴収並びにこれらに附帯する業務は、全国健康保険協会が行う。

D 厚生労働大臣は、全国健康保険協会と協議を行い、効果的な保険料の徴収を行うために必要があると認めるときは、全国健康保険協会に保険料の滞納者に関する情報その他必要な情報を提供するとともに、当該滞納者に係る保険料の徴収を行わせることができる。

E 任意継続被保険者は、保険料が前納された後、前納に係る期間の経過前において任意継続被保険者に係る保険料の額の引上げが行われることとなった場合においては、当該保険料の額の引上げが行われることとなった後の期間に係る保険料に不足する額を、前納された保険料のうち当該保険料の額の引上げが行われることとなった後の期間に係るものが健康保険法施行令第50条の規定により当該期間の各月につき納付すべきこととなる保険料に順次充当されてもなお保険料に不足が生じる場合は、当該不足の生じる月の初日までに払い込まなければならない。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



D
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A ✕ (法160条10項・11項) 厚生労働大臣は、協会が都道府県単位保険料率の変更の認可申請をしないときは、社会保障審議会の議を経て、当該都道府県単位保険料率を「変更することができる」。

B ✕ (法182条、法182条) 保険料等の先取特権の順位は、国税及び地方税に「次ぐもの」とされている。なお、後段部分は正しい。

C ✕ (法123条2項) 本肢の業務は、「全国健康保険協会」ではなく「厚生労働大臣」が行う。なお、日雇特例被保険者の保険の保険者の事務のうち厚生労働大臣が行うものの一部は、政令で定めるところにより、市町村長が行うこととすることができる(法203条1項)。

D 〇 (法181条の3第1項) 本肢のとおりである。なお、本肢の場合、厚生労働大臣は、当該滞納者に対し、協会が当該滞納者に係る保険料の徴収を行うこととなる旨その他の厚生労働省令で定める事項を通知しなければならない(法181条の3第2項)。

E ✕ (法165条、平9.8.14保険発106号) 任意継続被保険者が保険料を前納している場合において、期日(保険料率の引上げが行われる月の前月末日)までに不足保険料を納付しない場合については、保険料率の引上げが行われる月以後の保険料に関し、充当の取扱いの結果、初めて不足額が生じる月の「10日」までに納付すべきものとされている。





-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の健康保険法の問6は、Bの誤りはすぐにわかると思われますが、他の選択肢の難易度が比較的高く、解答がしぼりきれない受験生が多かったと思われます。



来週もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字