2019年11月19日

「ランチタイム・スタディ」の第33問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月23日の佐藤塾ブログの
『「ランチタイム・スタディ2019本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、33問目は、選択式の健康保険法です。

正答率72&80%の問題です。

※選択式健保D=72%、E=80%(Eは正答率がDより高いものの同じカテゴリーですので、Dの正答率に合わせここで掲載しています。)


<問題( 選択式 健保 DE )>

全国健康保険協会は、毎事業年度末において、 D において行った保険給付に要した費用の額(前期高齢者納付金等、後期高齢者支援金等及び日雇拠出金並びに介護納付金の納付に要した費用の額(前期高齢者交付金がある場合には、これを控除した額)を含み、健康保険法第153条及び第154条の規定による国庫補助の額を除く。)の1事業年度当たりの平均額の E に相当する額に達するまでは、当該事業年度の剰余金の額を準備金として積み立てなければならない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。


Dの選択肢
⑬ 当該事業年度及びその直前の2事業年度内
⑭ 当該事業年度及びその直前の事業年度内
⑮ 当該事業年度の直前の2事業年度内
⑯ 当該事業年度の直前の3事業年度内

Eの選択肢
⑨ 12分の1  ⑩ 12分の3 
⑪ 12分の5  ⑫ 12分の7



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


D → ⑬ 当該事業年度及びその直前の2事業年度内 (令46条1項)

E → ⑨ 12分の1 (令46条1項)

   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント


・選択式の健康保険法のD及びEは、全国健康保険協会の準備金からの出題でした。択一式で過去に出題されている箇所でもあり、正解したいところですが、正確に押さえていないと誤った選択肢を選んでしまいかねない問題です。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字