2019年11月08日

みなさん、こんにちは。
佐藤としみです。

本日、
令和元年度社労士試験の合格発がありました。
見事、合格された方、本当におめでとうございます。


合格ライン等を記載しておきます。

<選択式合格ライン>
・総得点26点以上、各科目3点以上
 ただし、社会保険一般常識は2点以上

<択一式合格ライン>
・総得点43点以上、各科目4点以上

<合格率>
・6.6%

<合格者数>
・2,525人


選択式の「社一2点救済」は予想どおりでした。
選択式の総得点は、26点が合格ラインで、昨年よりも3点、上がりました。
佐藤塾集計データでは、もう1点、高くてもいいように出ていましたが、そこまではいかなかったようです。

択一式の「総得点43点」は昨年より2点低くなりました。
長文で難易度も高かったこともあり、予想どおりでした。
択一式の健康保険法は、救済されるまでの得点状況にはならなかったようです。

合格率は6.6%となり、昨年(6.3%)よりもわずかに上がりました。


このあたりは、ガイダンス「合否を分けた15問」で軽く触れたいと思います。



合格されたみなさん、本当におめでとうございます。
LIVE講義やガイダンスの際に、ご報告に来てくださいね。
これを機に、今後一層のご活躍を祈念いたします。


来年の社労士試験を目指す方は、今回の合格発表を踏まえて、気持ちを引き締めて学習に励んでくださいね。
心より、応援しています。




コメントする

名前
 
  絵文字