2019年11月14日

「ランチタイム・スタディ」の第30問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月23日の佐藤塾ブログの
『「ランチタイム・スタディ2019本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。

さて、30問目は、択一式の労働者災害補償保険法です。

正答率73%の問題です。



<問題( 択一式 労災 問2 )>

〔問〕 保険給付に関する通知、届出等についての次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。

ア 所轄労働基準監督署長は、年金たる保険給付の支給の決定の通知をするときは、①年金証書の番号、②受給権者の氏名及び生年月日、③年金たる保険給付の種類、④支給事由が生じた年月日を記載した年金証書を当該受給権者に交付しなければならない。

イ 保険給付の原因である事故が第三者の行為によって生じたときは、保険給付を受けるべき者は、その事実、第三者の氏名及び住所(第三者の氏名及び住所がわからないときは、その旨)並びに被害の状況を、遅滞なく、所轄労働基準監督署長に届け出なければならない。

ウ 保険給付を受けるべき者が、事故のため、自ら保険給付の請求その他の手続を行うことが困難である場合でも、事業主は、その手続を行うことができるよう助力する義務はない。

エ 事業主は、保険給付を受けるべき者から保険給付を受けるために必要な証明を求められたときは、すみやかに証明をしなければならない。

オ 事業主は、当該事業主の事業に係る業務災害又は通勤災害に関する保険給付の請求について、所轄労働基準監督署長に意見を申し出ることはできない。

A 一つ  B 二つ  C 三つ  D 四つ  E 五つ




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



C
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

ア 〇 (則20条) 本肢のとおりである。なお、年金証書を交付された受給権者は、当該年金証書を亡失し若しくは著しく損傷し、又は受給権者の氏名に変更があつたときは、年金証書の再交付を所轄労働基準監督署長に請求することができる。

イ 〇 (則22条1項) 本肢のとおりである。

ウ ✕ (則23条1項) 保険給付を受けるべき者が、事故のため、みずから保険給付の請求その他の手続を行うことが困難である場合には、事業主は、その手続を行うことができるように「助力しなければならない。」

エ 〇 (則23条2項) 本肢のとおりである。

オ ✕ (則23条の2第1項) 事業主は、当該事業主の事業に係る業務災害又は通勤災害に関する保険給付の請求について、所轄労働基準監督署長に意見を申し出ることが「できる。」






-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の労災保険法の問2は、保険給付に関する通知、届出等についての出題でした。個数問題の割には、比較的、各肢の難易度は高くないため、なんとか正解できたという方が多かったようです。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字