2019年11月08日

「ランチタイム・スタディ」の第26問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月23日の佐藤塾ブログの
『「ランチタイム・スタディ2019本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。

さて、26問目は、択一式の健康保険法です。

正答率74%の問題です。



<問題( 択一式 健保 問7 )>

〔問〕 健康保険法に関する次のアからオの記述のうち、正しいものの組合せは、後記AからEまでのうちどれか。

ア 厚生労働大臣は、保険医療機関又は保険薬局の指定の申請があった場合において、当該申請に係る病院若しくは診療所又は薬局の開設者又は管理者が、健康保険法その他国民の保健医療に関する法律で、政令で定めるものの規定により罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者であるときは、その指定をしないことができる。

イ 被保険者が指定訪問看護事業者から指定訪問看護を受けたときは、保険者は、その被保険者が当該指定訪問看護事業者に支払うべき当該指定訪問看護に要した費用について、訪問看護療養費として被保険者に対し支給すべき額の限度において、被保険者に代わり、当該指定訪問看護事業者に支払うことができる。この支払いがあったときは、被保険者に対し訪問看護療養費の支給があったものとみなす。

ウ 入院時食事療養費、入院時生活療養費、保険外併用療養費、療養費、訪問看護療養費、移送費、傷病手当金、埋葬料、出産育児一時金、出産手当金、家族療養費、家族訪問看護療養費、家族移送費、家族埋葬料及び家族出産育児一時金の支給は、その都度、行わなければならず、毎月一定の期日に行うことはできない。

エ 全国健康保険協会管掌健康保険に係る高額医療費貸付事業の対象者は、被保険者であって高額療養費の支給が見込まれる者であり、その貸付額は、高額療養費支給見込額の90%に相当する額であり、100円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

オ 指定訪問看護事業者は、当該指定に係る訪問看護事業所の名称及び所在地その他厚生労働省令で定める事項に変更があったとき、又は当該指定訪問看護の事業を廃止し、休止し、若しくは再開したときは、厚生労働省令で定めるところにより、20日以内に、その旨を厚生労働大臣に届け出なければならない。

A(アとイ)  B(アとエ)  C(イとウ)  
D(ウとオ)  E(エとオ)




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



A
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

ア 〇 (法65条3項) 本肢のとおりである。なお、厚生労働大臣は、保険医療機関又は保険薬局の開設者又は管理者が、健康保険法その他国民の保健医療に関する法律で政令で定めるものの規定により罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者に該当するに至ったときは、当該保険医療機関又は保険薬局に係る指定を取り消すことができる(法80条)。

イ 〇 (法88条6項・7項) 本肢のとおりである。訪問看護療養費は、現物給付の取扱いが行われている。

ウ ✕ (法56条2項) 傷病手当金及び出産手当金の支給は、毎月一定の期日に行うことができる。

エ ✕ (法150条3項、昭60.4.6庁文発1422) 高額医療費貸付事業の貸付額は、高額療養費支給見込額の「80%」に相当する額とされている。なお、利子は付されない。

オ ✕ (法93条) 本肢の場合には、「10日以内」に、その旨を厚生労働大臣に届け出なければならない。






-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の健康保険法の問7は、ウの誤りは比較的見抜きやすく、エも数字の誤りであり、組合せ問題だけに解答が特定しやすかったといえます。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字