2019年11月06日

「ランチタイム・スタディ」の第24問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月23日の佐藤塾ブログの
『「ランチタイム・スタディ2019本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、24問目は、選択式の健康保険法です。

正答率74&75%の問題です。

※選択式健保B=74%、C=75%(Cは正答率がBより高いものの同じカテゴリーですので、Bの正答率に合わせここで掲載しています。)


<問題( 選択式 健保 BC )>

4月1日に労務不能となって3日間休業し、同月4日に一度は通常どおり出勤したものの、翌5日から再び労務不能となって休業した場合の傷病手当金の支給期間は、 B 起算されることになる。また、報酬があったために、その当初から支給停止されていた場合の傷病手当金の支給期間は、報酬を受けなくなった C 又は報酬の額が傷病手当金の額より少なくなった  C から起算されることになる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。


Bの選択肢
③ 4月1日から  ④ 4月3日から 
⑤ 4月4日から  ⑥ 4月5日から

Cの選択肢 
⑰ 日  ⑱ 日の2日後 
⑲ 日の3日後  ⑳ 日の翌日



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


B → ⑥ 4月5日から (昭25.3.14保文発571号)

C → ⑰ 日 (昭25.3.14保文発571号)

   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント


・選択式の健康保険法のB及びCは、傷病手当金の事例問題でした。傷病手当金の待期及び報酬との調整に関する基本事項ですので、ここは正解しておきたい問題です。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字