2019年11月05日

「ランチタイム・スタディ」の第23問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月23日の佐藤塾ブログの
『「ランチタイム・スタディ2019本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、23問目は、選択式の労働者災害補償保険法です。

正答率80&75%の問題です。

※選択式労災D=80%、E=75%(Dは正答率がEより高いものの同じカテゴリーですので、Eの正答率に合わせここで掲載しています。)


<問題( 選択式 労災 DE )>

労災保険の適用があるにもかかわらず、労働保険徴収法第4条の2第1項に規定する労災保険に係る保険関係成立届(以下本問において「保険関係成立届」という。)の提出が行われていない間に労災事故が生じた場合において、事業主が故意又は重大な過失により保険関係成立届を提出していなかった場合は、政府は保険給付に要した費用に相当する金額の全部又は一部を事業主から徴収することができる。事業主がこの提出について、所轄の行政機関から直接指導を受けていたにもかかわらず、その後 D 以内に保険関係成立届を提出していない場合は、故意が認定される。事業主がこの提出について、保険手続に関する行政機関による指導も、都道府県労働保険事務組合連合会又はその会員である労働保険事務組合による加入勧奨も受けていない場合において、保険関係が成立してから E を経過してなお保険関係成立届を提出していないときには、原則、重大な過失と認定される。



step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。


Dの選択肢
① 3日 ② 5日 ③ 7日 ④ 10日

Eの選択肢
① 3か月 ② 6か月 ③ 9か月 ④ 1年



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・


D → ④ 10日 (平17.9.22基発0922001号)

E → ④ 1年 (平17.9.22基発0922001号)

   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント


・選択式の労災保険法のD及びEは、平成27年択一式の問4で過去に出題されています。過去問対策を施していれば、「10日」「1年」ともに、正解できたと思われます。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字