2019年10月29日

「ランチタイム・スタディ」の第19問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月23日の佐藤塾ブログの
『「ランチタイム・スタディ2019本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、19問目は、選択式の厚生年金保険法です。

正答率77%の問題です。



<問題( 選択式 厚年 C )>

政府は、財政の現況及び見通しを作成するに当たり、厚生年金保険事業の財政が、財政均衡期間の終了時に保険給付の支給に支障が生じないようにするために必要な積立金(年金特別会計の厚生年金勘定の積立金及び厚生年金保険法第79条の2に規定する実施機関積立金をいう。)を政府等が保有しつつ当該財政均衡期間にわたってその均衡を保つことができないと見込まれる場合には、 C  を調整するものとされている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



⑨ 国庫負担金の額  ⑭ 積立金の額
⑲ 保険給付の額  ⑳ 保険料の額



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


⑲ 保険給付の額 (法34条)

   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント


・選択式の厚生年金保険法のCは、保険給付の調整(マクロ経済スライド)からの出題でした。ここは、平成22年の択一式で出題されている箇所でしたので、過去問対策を施している方にとっては、割とあっさりと解答できたのではないかと思われます。


<参考(H22-6D)>
・政府は、厚生年金保険事業の財政の長期にわたる均衡を保つため、保険給付の額を調整することとし、当該調整期間の開始年度を政令により平成18年度と定めた。

⇒ ✕  (法34条1項、令2条) 設問の調整期間の開始年度は、「平成17年度」とされている。なお、調整期間とは、マクロ経済スライドの仕組みにより、年金給付の額を調整する期間をいう。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字