2019年10月08日

「ランチタイム・スタディ」の第6問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月23日の佐藤塾ブログの
『「ランチタイム・スタディ2019本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、6問目は、選択式の国民年金法です。

正答率87%の問題です。



<問題( 選択式 国年 C )>

国民年金法第92条の2の2の規定によると、厚生労働大臣は、被保険者から指定代理納付者をして当該被保険者の保険料を立て替えて納付させることを希望する旨の申出を受けたときは、その納付が確実と認められ、かつ、その申出を承認することが C と認められるときに限り、その申出を承認することができるとされている。






-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。

④ 国民年金法の趣旨に合致する
⑱ 被保険者にとって納付上便利 
⑲ 保険料納付率の向上に寄与する
⑳ 保険料の徴収上有利




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



⑳ 保険料の徴収上有利 (法第92条の2の2)


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント


・選択式の国民年金法のCは、指定代理納付者による納付からの出題でした。口座振替による納付(法92条の2)も、指定代理納付者による納付(法92条の2の2)も、共に「保険料の徴収上有利」と認められるときに限り、その申出を承認することができるとされています。セットで押さえておいてください。




明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字