2019年10月02日

「ランチタイム・スタディ」の第2問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月23日の佐藤塾ブログの
『「ランチタイム・スタディ2019本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、2問目は、選択式の労働者災害補償保険法です。

正答率95&96&97%の問題です。

※選択式労災A=95%、B=96%、C=97%(B及びCは正答率がAより高いものの同じカテゴリーですので、Aの正答率に合わせここで掲載しています。)


<問題( 選択式 労災 ABC )>

労災保険法第1条によれば、労働者災害補償保険は、業務上の事由又は通勤による労働者の負傷、疾病、障害、死亡等に対して迅速かつ公正な保護をするため、必要な保険給付を行うこと等を目的とする。同法の労働者とは、 A 法上の労働者であるとされている。そして同法の保険給付とは、業務災害に関する保険給付、通勤災害に関する保険給付及び B 給付の3種類である。保険給付の中には一時金ではなく年金として支払われるものもあり、通勤災害に関する保険給付のうち年金として支払われるのは、障害年金、遺族年金及び C 年金である。



step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。


Aの選択肢
① 労働関係調整  ② 労働基準  ③ 労働組合  ④ 労働契約

Bの選択肢
① 求職者  ② 教育訓練  ③ 失業等  ④ 二次健康診断等

Cの選択肢
① 厚生  ② 国民  ③ 傷病  ④ 老齢



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・


A → ② 労働基準 (労働基準法9条)

B → ④ 二次健康診断等 (法7条)

C → ③ 傷病 (法21条)

   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント


・選択式の労働者災害補償保険法のA、B及びCは、基本条文からの出題であり、他の選択肢も紛らわしいものがなく、難なく正解できた人が多かったように思われます。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字