2019年09月23日

合格できる受験生VS合格できない受験生――その違いが明らかに

2019年度社労士本試験で、合格ラインを突破した人とそうでなかった人の差はどこにあるのでしょうか?
2019年度本試験で合格者が正解できて不合格者が正解できなかった問題を洗い出し、佐藤としみ講師が解説を行います。
早めに確認しておくことで、2020年度本試験での取りこぼしをなくします。


11月10日(日) 14:00~15:30  大阪本校LIVE

11月16日(土) 11:00~12:30  東京本校LIVE


【LIVE参加特典】
「合否を分けた問題冊子」贈呈


※予約不要、LIVE無料
※Webの配信期間は、配信開始から1か月無料(「合否を分けた問題冊子」は付きません。)
※通信DVDは有料(2,000円)(「合否を分けた問題冊子」が付きます。)


※「2019年本試験 合否を分けた15問」は、パンフレットの裏表紙では、「合否を分けた問題はこれだ!」という記載になっていますが、同じものを指します。
(当初は、合否を分けた問題が何問になるのかがわかりませんので、「合否を分けた問題はこれだ!」というタイトルにしていますが、2019年本試験の合否を分けた問題は、分析の結果、15問あることが確定しましたので、タイトルを「2019年本試験 合否を分けた15問」としている次第です。)




コメントする

名前
 
  絵文字