2019年08月19日

「ランチタイム・スタディ2019統計数値」の113日目は、「平成28年度職場のパワーハラスメントに関する実態調査(委託事業)」から「パワーハラスメントに関する実態」の調査記載内容です。

「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の主旨については、2月21日の佐藤塾ブログの『ランチタイム・スタディ 2019統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)
』をご覧ください。


パワーハラスメントに関する実態

【平成28年度職場のパワーハラスメントに関する実態調査(委託事業)】

(1)パワーハラスメントの発生状況等

従業員向けの相談窓口で従業員から相談の多いテーマ(従業員から相談の多い上位2テーマ)は、パワーハラスメント(32.4%)が最も多く、メンタルヘルス(28.1%)、セクシュアルハラスメント(14.5%)を上回っている。

過去3年間に1件以上パワーハラスメントに該当する相談を受けたと回答した企業は、36.3%である。

過去3年間にパワーハラスメントを受けたことがあると回答した従業員は、32.5%であり、4年前の前回調査から7.2ポイントの増加となっている。

パワーハラスメントを受けたと感じた者が、「何もしなかった」と回答した比率40.9%であり、その理由として「何をしても解決にならないと思ったから」、「職務上不利益が生じると思ったから」と回答した比率が高い。


(2)パワーハラスメントの予防・解決に向けた取組状況

パワーハラスメントの予防・解決に向けた取組を実施している企業52.2%であり、企業規模が小さくなると実施比率は相対的に低くなるものの、平成24年度と比較するとすべての従業員規模の企業で比率が高くなっている。

パワーハラスメントに限らず、従業員向け相談窓口を設置している企業73.4%であり、企業規模が小さくなると設置比率は相対的に低くなるものの、平成24年度と比較するとすべての従業員規模の企業で比率が高くなっている。



明日が最終回です。
明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字