2019年08月07日

「ランチタイム・スタディ2019統計数値」の108日目は、「平成28年労働組合活動等に関する実態調査の概況」から「労働組合活動の実態」の調査記載内容です。

「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の主旨については、2月21日の佐藤塾ブログの『ランチタイム・スタディ 2019統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)
』をご覧ください。


労働組合活動の実態

【平成28年労働組合活動等に関する実態調査の概況】


(1)組合員数の変化【単位労働組合】

3年前(平成25年6月)と比べた組合員数の変化をみると、組合員数が「増加した34.1%、「変わらない22.2%、「減少した41.7%となっている。

3年前(平成25年6月)と比べて組合員数が増加した理由(複数回答)をみると、「新卒・中途採用の正社員の組合加入」82.7%が最も高く、次いで「正社員以外の労働者の組合加入」18.7%となっている。

また、3年前(平成25 年5月)と比べて組合員数が減少した理由(複数回答)をみると、「定年退職」68.1%が最も高く、次いで「自己都合退職」55.2%、「正社員の採用の手控え」33.8%などとなっている。


(2)労働組合の組織拡大に関する状況【単位労働組合】

組織拡大を重点課題として取り組んでいる労働組合の有無をみると、「取り組んでいる31.9%、「取り組んでいない66.0%となっている。

産業別に「取り組んでいる」をみると、「医療,福祉」が70.0%と最も高い。

取り組まない理由(複数回答)としては「ほぼ十分な組織化が行われているため」50.8%が最も高く、次いで「組織が拡大する見込みが少ないため」27.4%、「他に取り組むべき重要課題があるため」19.2%などとなっている。

組織拡大の取組対象として最も重視している労働者の種類についてみると、「新卒・中途採用の正社員」47.1%が最も高くなっており、次いで「パートタイム労働者」17.8%、「有期契約労働者」14.4%、「在籍する組合未加入の正社員」13.7%などとなっている。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字