2019年07月14日

労働統計数値対策として、ブログではランチタイム・スタディを掲載していますが、目次(頭紙)を作成し、みなさんがやりたい項目に飛ぶことができるようにし、使い勝手を良くしました。

統計数値の学習をこのブログ主体でされている方も多いように見受けられますので、手際よく学習していってください。
なお、ここで掲載している過去問については、すべて2019年本試験に対応するように、必要に応じて問題を変更したり、数字を変更したりしていますので、そのまま覚えてしまっても大丈夫です。

なお、「ランチタイム・スタディ統計数値」は、まだ進行していますので、新たに加わった箇所も随時追加していきます。

また、今回、ブログの左側の「カテゴリー」の欄の「2019統計数値(2019ランチタイム・スタディ)」に、①調査記載内容、②過去問、③推定予想問題、を入れ込みましたので、たとえば、過去問だけをやっていくことや、調査記載内容だけを追っていくことも可能になりました。

「①調査記載内容、②過去問、③推定予想問題」については、古いもの順で5回分ずつ出てきますので、5回を1セットとしてやっていきましょう。

上手く活用して、最終ラインの統計数値の復習にお役立てください。


<目次>
労働力人口・労働力率の動向  調査記載内容 過去問 推定予想問題

雇用の動向  調査記載内容 推定予想問題

失業の動向  調査記載内容 過去問 推定予想問題

若年層の失業の動向  調査記載内容 推定予想問題

入職・離職の動向  調査記載内容12 過去問 推定予想問題

労働力需給の動向  調査記載内容 推定予想問題

雇用者の雇用形態別の構成(正規・非正規など)  調査記載内容12 推定予想問題

有期契約労働者の実態  調査記載内容 過去問 推定予想問題

就業形態の多様化  調査記載内容123 過去問 推定予想問題

若年者の雇用動向&男女別年間収入階級別割合  調査記載内容1・2 推定予想問題

若年者の雇用の動向  調査記載内容12 過去問 推定予想問題12

労働時間、休憩・休日  調査記載内容12 過去問 推定予想問題

変形労働時間制及びみなし労働時間制の採用状況  調査記載内容 過去問 推定予想問題

勤務間インターバル制度  調査記載内容 推定予想問題

割増賃金率及び賃金形態  調査記載内容 推定予想問題

退職給付  調査記載内容12 過去問 推定予想問題

育児休業取得率及び勤務時間短縮制度  調査記載内容12 推定予想問題

外国人雇用状況  調査記載内容12 過去問 推定予想問題12

個別労働紛争解決制度の状況  調査記載内容 推定予想問題

障害者の雇用状況  調査記載内容12 過去問 推定予想問題123

労働費用  調査記載内容 過去問12 推定予想問題

職業能力開発  調査記載内容1234 過去問12 推定予想問題12

労働者の健康状況  調査記載内容12 過去問 推定予想問題12

派遣労働者の実態  調査記載内容12 推定予想問題12

過労死等の防止対策  調査記載内容12 推定予想問題123









コメントする

名前
 
  絵文字