2019年07月08日

「ランチタイム・スタディ2019統計数値」の87日目は「平成29年派遣労働者実態調査」から「派遣労働者の実態」の推定予想問題2です。

「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の主旨については、2月21日の佐藤塾ブログの『ランチタイム・スタディ 2019統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)
』をご覧ください。



<問題(派遣労働者の実態)>

〔問〕 派遣労働者の実態に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、本問は「平成29年派遣労働者実態調査」を参照しており、当該調査による用語及び統計等を利用している。

A 紹介予定派遣制度を利用したことがある事業所の割合は1割に満たないが、紹介予定派遣制度を利用したことがない事業所は、「制度を知らない」割合は半数を超えている。

B 派遣労働者を年齢階級別にみると、「45~49歳」が最も高く、次いで「50~54歳」、「40~44歳」の順となっている。

C 派遣元への要望がある派遣労働者よりも、派遣先への要望がある派遣労働者の割合の方が高い。

D 派遣先への要望があると回答した派遣労働者について、要望の内容(複数回答3つまで)をみると、「賃金制度を改善してほしい」が最も高く、次いで「継続した仕事を確保してほしい」、「派遣先に対して、派遣先での直接雇用に切り替えるよう依頼してほしい」の順となっている。

E 派遣元への要望があると回答した派遣労働者について、要望の内容(複数回答3つまで)をみると、「派遣契約期間を長くしてほしい」が最も高く、次いで「指揮命令系統を明確にしてほしい」、「年次有給休暇を取りやすくしてほしい」の順となっている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


A


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (平成29年派遣労働者実態調査) 紹介予定派遣制度を利用したことがある事業所の割合は6.8%となっている。紹介予定派遣制度を利用したことがない事業所で「制度を知っている」は32.7%、「制度を知らない」は57.8%となっている。

B ☓ (平成29年派遣労働者実態調査) 派遣労働者を年齢階級別にみると、「40~44歳」が16.7%と最も高く、次いで「35~39歳」13.6%、「45~49歳」13.1%の順となっている。なお、これを性別にみると、男女ともに「40~44歳」がそれぞれ15.2%、18.1%と最も高くなっており、男では次いで「35~39歳」の13.0%、女では「45~49歳」の15.4%となっている。

C ☓ (平成29年派遣労働者実態調査) 派遣元への要望がある派遣労働者は51.7%であり、派遣先への要望がある派遣労働者は38.3%と「派遣元」への要望がある派遣労働者の割合の方が高い。

D ☓ (平成29年派遣労働者実態調査) 「派遣元」への要望があると回答した派遣労働者について、要望の内容(複数回答3つまで)をみると、「賃金制度を改善してほしい」が最も高く、次いで「継続した仕事を確保してほしい」、「派遣先に対して、派遣先での直接雇用に切り替えるよう依頼してほしい」の順となっている。

E ☓ (平成29年派遣労働者実態調査) 「派遣先」への要望があると回答した派遣労働者について、要望の内容(複数回答3つまで)をみると、「派遣契約期間を長くしてほしい」が最も高く、次いで「指揮命令系統を明確にしてほしい」、「年次有給休暇を取りやすくしてほしい」の順となっている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・「平成29年派遣労働者実態調査」から「派遣労働者の実態」の出題です。派遣労働者を依頼せざるを得ない理由は、「欠員補充」や「一時的な業務量の変動」によるものが多いため、紹介予定派遣のように正社員にすることを前提とした派遣は、あまり浸透していないといえます。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字