2019年06月05日

「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の65日目は、「平成23年有期労働契約に関する実態調査(事業所調査)」から「有期契約労働者の実態」の推定予想問題です。

「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の主旨については、2月21日の佐藤塾ブログの『ランチタイム・スタディ 2019統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


<推定予想問題(有期契約労働者の実態)>

1 有期契約労働者を雇用している事業所の割合は、 A となっている。これを事業所規模別にみると、規模が大きいほど有期契約労働者を雇用している事業所の割合が高くなっている。

2 有期契約労働者の割合をみると、常用労働者の B となっている。これを職務タイプ別にみると、「 C 」が50.6%と最も多い。職務タイプ別に男性の割合が最も高いのは、「 D 」である。

3 有期契約労働者におけるパートタイム労働者割合をみると、パートタイム労働者は E となっている。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。

[A、B及びEの選択肢] 
① 約10%  ② 約20%  ③ 約35%  ④ 約50%
⑤ 約60%  ⑥ 約75%  ⑦ 約90%

[C及びDの選択肢]  
① 軽易職務型  ② 正社員同様職務型
③ 別職務・同水準型  ④ 高度技能活用型


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


A ③ 約35% (平成23年有期労働契約に関する実態調査(事業所調査)) 

B ② 約20% (平成23年有期労働契約に関する実態調査(事業所調査)) 

C ① 軽易職務型 (平成23年有期労働契約に関する実態調査(事業所調査)) 

D ④ 高度技能活用型 (平成23年有期労働契約に関する実態調査(事業所調査)) 

E ⑤ 約60% (平成23年有期労働契約に関する実態調査(事業所調査)) 




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・C及びDは、想像が付くと思われますが、他の割合に関しては、おおまかな割合は頭に入れておきたいところです。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字