2019年05月19日

30時間合格講座タイトルバー


効率を追求した“主要6科目”重点主義なら、今からでも追いつく!間に合う! 

「今から社労士の勉強を始めたいけど、長時間の講義は聞くだけで大変・・」
 「時間がないから、重要部分だけ教えてほしい・・」
―――そんなニーズにお応えします。

本講座は、わずか30時間で「主要6科目」「マイナー科目」「一般常識」の重要事項を抜粋し、さらに出題の宝庫といわれる法改正のインプットまで終了させる、超スピード講座です。情報量の豊富なテキストと効率重視の総まとめ講義で、最速・最短合格を勝ち取りましょう! 

30時間カリキュラム


※本講座は「白書・統計数値」には対応していません。「白書・統計数値」対策をご希望の方は、「白書・統計数値対策講座」をプラスした「35時間合格講座」をご受講ください。
 



テキスト10冊と改正テキスト


※佐藤塾インプット講義で使用する「プレミアムテキスト全10冊」と、「改正法対策講座テキスト」が付いています。


<受講形態及び受講料>
〇Web限定 68,000円
※本講座は、LIVE講義、VB講義、通信DVD講義はありません。


<担当講師>
〇主要6科目選択式トレーニング 木田麻弥講師
〇マイナー科目総まとめ
 ・「安衛」「労一」佐藤としみ講師
 ・「徴収」木田麻弥講師
 ・「社一」右田修三講師
〇改正法対策講座  佐藤としみ講師


<Web配信スケジュール> 
〇主要6科目選択式トレーニング    5/15(水)~
〇マイナー科目総まとめ         4/24(水)~
〇改正法対策講座             6/19(水)~
※教材の発送は配信の2日前になります。





この記事へのコメント

1. Posted by 森   2019年07月05日 20:41
30時間合格講座を受けています。
今からどのように勉強したら良いかアドバイスをお願いします。
2. Posted by 管理人   2019年07月06日 13:37
森様、コメントいただき、ありがとうございます。
また、30時間合格講座をご利用いただき、ありがとうございます。
1枠の文字数に制限がありますので、3つの枠に分けさせていただきます。

さて、学習の仕方ですが、まず、講義はお聴きいただいていると思いますので、講義で触れた箇所を中心に、基礎固めを徹底してください。
本試験では問題を解けないと話になりませんから、講義を視聴していただいたあと、過去問で確認をしていくことが必要です。
その際、1問1問、解いていってもいいのですが、時間があまりありませんので、思い切って読んでいったらどうかと思います。
(なお、ブログでこのあと掲載する「過去問への書き込み」の方法をとっていただくと効果的だと思われます。)
問解を読み込み、頭に無理やり入れ込んでいく要領です。
その際、ひとつひとつの箇所で、テキストに立ち戻ったりすることはせず、たんたんと過去問をこなしていっていただいて、解説を読んでいただき「そういうもんだ」と力ずくでねじふせてください。

本来であれば、テキストに戻って確認をしてもいいのですが、それをすると進みが遅くなり、時間切れになってしまいかねません。
したがって、過去問を1科目あたり、適当な箇所で3~5分割程度に分けていただき、その範囲を一気に読み込み、その際、後でテキストに目を通しておいた方がいいと思われる箇所には、過去問の問題番号に適当な印を付けておいていただき、その範囲の読み込みを終えてから、印を付けた問題の確認を一定の時間を決めて一気に行っていってください。

(3分の2へ続く)
3. Posted by 管理人   2019年07月06日 13:38
(森様への続きです。3分の2)

理解できない問題があった場合には、そこで調べたりしてまで理解しようとせず、さらりと流していってください。
1つの内容に時間をかけて理解するより、多くの箇所に目を通した方が得策です。
理由としては、なかなか理解できない問題は、難問である可能性が高いため、時間をかけて理解したとしても、本試験で出題される可能性が低いことが挙げられます。
(学習時間が本試験の得点に反映しないので、ある意味、無駄な努力となってしまう可能性が高い。)
ただし、講義で取り上げて説明している箇所だけは必ず理解して、そこが出題された場合には、正解できるようにしておいてください。

すべての過去問をひとつひとつ100%理解していくことは、十分な時間をかけて学習してきた人にとっても難しいことですから、8割程度の理解で良しとしてください。
仮に100%理解したとしても、どうせ時間が経てば抜け落ちると割り切ってください。
それよりも反復して精度を高めた方が得策です。

(3分の3へ続く)
4. Posted by 管理人   2019年07月06日 13:39
(森様への続きです。3分の3)

とにかく基本だけを習得していく心構えで臨んでください。
では、基本はどこかといいいますと、①過去問で多く取り上げられているところ、②講義で取り上げられているところ、になります。

本試験対策としては、選択式を意識せず、択一式だけの対策を講じてください。
選択式は、択一式対策である程度、網羅できますから、最後まで択一式一辺倒での学習で構いません。

白書・統計数値は、ブログで整理していってください。
(他の科目の学習が一定レベルで済んだ場合には、「白書・統計数値対策講座」で学習していただくと更に理解が深まると思われます。)

短期間で本試験合格レベルを達するための秘訣と思われることを書きました。
少しでもご理解いただけるところは取り入れてみてください。

暑い夏の時期、学習するのも過酷な時期ではありますが、過去に合格した方も同じ境遇を乗り越えていっています。
体調に留意し、がんばってください。

コメントする

名前
 
  絵文字