2019年04月21日

白書解きまくりオビ

選択式・択一式双方からのアプローチで、白書対策の総仕上げ!
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

<講座概要>
本講座は、独学で、あるいは受験予備校の白書対策講座などで一通り白書の学習を修了したものの、「どうやって得点に結びつけたらいいかわからない・・」「選択式で白書が出されたら不安・・」等、未だ白書への不安が解消されていない受験生のための“白書向け解答力育成講座”です。
白書の重要ポイントを演習形式で総整理することで白書・統計問題の処理能力を養います
※本講座は受験予備校の白書関係講座受講修了者ないしは独学で労働統計及び厚生労働白書・労働経済白書の学習を修了させた方を対象としたものであり、白書未読の方を対象としたものではありません。

<受講料>
・通学      7,000円
・通信Web     8,000円
 ※通信DVDはありません。

<日程>
〇LIVE講義 : 東京本校 8月3日(土) 10:30~16:30 (2時間30分×2コマ)
                      <大阪・名古屋本校同時中継>
〇通学VB(ビデオブース) : 8月9日(金)視聴開始
  東京本校・名古屋本校・大阪本校・京都本校・福岡本校にて
〇通信Web : 8月8日(木)配信開始


<担当講師>

〇東京本校LIVE、VB、通信

佐藤としみ講師写真

 佐藤 としみ講師



この記事へのコメント

1. Posted by 眞鍋宏造   2019年04月21日 13:05
いつも参考にさせていただき、ありがたく拝見しております。さてランチタイムスタディの2018年本試験択一において健康保険法の第6問がブログ内に見当たらないのです。労基法から社一労一まで全ての問題と解答、解説を掲載していただいていますが、そのただ一問のみがありません。よろしければ再掲は可能でしょうか。ぶしつけな希望、申し訳ございません。
2. Posted by 白書統計講座全般について   2019年04月21日 15:25
白書、統計講座の受講を検討しているのですが、こちらのときまくりまで取らないと御社では白書、統計対策は完成しないのでしょうか。

どこの受験団体を受講しようか考えているのですが、他校は白書講座は一講座で完結していました。

御社は白書・講座、ときまくり講座だけでなく、なぜ佐藤塾が白書に強いかの記事では、総仕上げ講座で配布したまとめレジュメから出題されたとブログにあり、どれを受講すべきか悩んでいます。

白書統計講座に強いとのことでしたが、白書に関する講座数、テキストの掲載量で網羅しているのか(大変失礼ですが、講座数やテキストが厚ければ当然、的中率もあがりますので)、それとも白書統計講座をとれば、御社のすべての白書関係の講座を網羅できるのか気になっております。

白書講座でときまくりも総仕上げ配布のレジュメに相当するものも内容的には網羅しているのであれば、そちらを受講するのが一番かなと考えております。
(白書講座を受講したにもかかわらず、講座で扱わず最終的に総仕上げ講座のレジュメからだとしたら、ショックです。)

多くの受講生にも共通の疑問点かもしれませんが、金銭的に全ての受講は難しいので、アドバイスをお願いします。

宜しくお願い申し上げます。
3. Posted by 管理人   2019年04月21日 17:39
眞鍋様、コメントありがとうございます。
また、ランチタイムスタディをこれだけ真剣にご覧いただいていることを知り、嬉しい限りです。本当にありがとうございます。

ご指摘の2018年本試験択一式健康保険法問6ですが、昨年(2018年)の10月24日にアップしているのでご確認ください。
正答率76%と、割とみなが正解している問題でした。

ランチタイムスタディの問題自体、以前の問題でも、改正等が絡めば随時、変更していく予定ですので、直前期の追い込みに利用していただくことも可能です。
2015年からご覧いただくことができますので、過去4年分を網羅できます。
うまく活用していってください。

今後ともよろしくお願いします。
直前の追い込み、がんばってください。
4. Posted by 管理人   2019年04月21日 19:20
白書統計数値全般について、ご質問いただき、ありがとうございます。
コメント欄の字数制限がありますので、4回に分けて回答させていただきます。( 1 / 4 )

さて、「白書、統計講座の受講を検討しているのですが、こちらのときまくりまで取らないと御社では白書、統計対策は完成しないのでしょうか。」というご質問に関してですが、「白書・統計数値対策講座」だけで完結しています。

「白書・統計数値対策講座」は、各種労働統計、労働経済白書、厚生労働白書等をテキストに集約し、5時間かけてインプット講義を行いますので、この講義ですべてを網羅しています。
では、なぜ、「白書・統計数値解きまくり」があるのかというと、同じ内容のものを問題に落とし込み、実際に解いていただくことで、より深く認識していただこうという主旨の元、実施しています。
以前、受講された方から、白書の演習講座のご要望があり、実施する運びとなりました。
したがって、内容的には、新たな統計が出てきたりするわけではなく、「白書・統計数値対策講座」のテキストにあるものの中から問題として取り上げていますので、二重チェックの役割を果たしていることになります。

( 2 / 4 へ続く)
5. Posted by 管理人   2019年04月21日 19:21
(白書統計数値全般のお問い合わせのご回答の続き 2 / 4 )

ご質問の中で、「白書統計講座に強いとのことでしたが、白書に関する講座数、テキストの掲載量で網羅しているのか(大変失礼ですが、講座数やテキストが厚ければ当然、的中率もあがりますので)、それとも白書統計講座をとれば、御社のすべての白書関係の講座を網羅できるのか気になっております。」とありますが、的中している場合には、どちらも的中しているか、あるいは「白書・統計数値対策講座」で取り上げていて、「白書・統計数値解きまくり」では取り上げていないかのどちらかになります。

また、テキストのページ数に関しては、「白書・統計数値対策講座」の昨年のテキスト(B5)の第1分冊(各種統計数値)は83ページ、第2分冊(労働経済白書、厚生労働白書(含:重要統計))は56ページであり、分厚いテキストとはいえない範囲内だと認識しております。

「白書・統計数値解きまくり」は、「インプット講義だけではピンとこない。」「問題演習の方が真剣に解くので身に付く。」という方や、「白書に関しては万全を期しておきたい。」という方が対象となりますので、「白書・統計数値対策講座」を視聴せずに、「白書・統計数値解きまくり」だけを視聴することは、本末転倒ということになります。

( 3 / 4 へ続く)
6. Posted by 管理人   2019年04月21日 19:22
(白書統計数値全般のお問い合わせのご回答の続き 3 / 4 )

ご質問の中で、「白書講座でときまくりも総仕上げ配布のレジュメに相当するものも内容的には網羅しているのであれば、そちらを受講するのが一番かなと考えております。(白書講座を受講したにもかかわらず、講座で扱わず最終的に総仕上げ講座のレジュメからだとしたら、ショックです。)」とありますが、内容的には次のとおりですのでご安心ください。

・「白書・統計数値対策講座」の内容を100とすると、「白書・統計数値解きまくり」は、80~90(当然、「白書・統計数値対策講座」の100の中の80~90で、新しい箇所が加わった80~90ではありません。)  「白書・統計数値解きまくり」は、問題演習を行いますので、問題文の中で表現を変えたりすることはあります。たとえば、「80.5%」という数字が統計にあった場合、「約8割」とか、「およそ5分の4」、「5社のうち約4社」などの表現にすることはあります。
・「白書・統計数値対策講座」の内容を100とすると、「総仕上げ講座」の中で取り上げる白書の内容は、約20~30です。というのも、「白書・統計数値対策講座」は5時間のインプット講義ですが、「総仕上げ講座」の中で取り上げる白書の内容(総仕上げ講座2日目の科目別最終確認)は1時間(予定)、どんなに延長したとしても1時間半だからです。ただ、それだけに当たった感はあります。また、総仕上げ講座は、択一式の得点を上げる主旨の講座ですので、意味合いが違い、2日目に取り上げる内容としては、最低限の白書の知識で少しでも得点をもぎ取ろうということでお伝えしているものです。

( 4 / 4 へ続く)
7. Posted by 管理人   2019年04月21日 19:23
(白書統計数値全般のお問い合わせのご回答の最後 4 / 4 )

したがって、白書に関して、弊社のどれか1つをお選びいただけるのであれば、「白書・統計数値対策講座」が最もふさわしいものといえます。
担当している佐藤としみ講師は、白書に関する時事の知識が豊富で、これを皆さんにお伝えすることに関しては業界一と自負しております。
数字の暗記を強いるのではなく、書かれている意味合いをかみ砕いてお伝えしますので、興味・関心がわくはずです。
その結果、根底にある考え方や方向性・施策等が理解できますので、数字やベクトルの向き、順番等まで順序立てて波及して押さえていくことができます。
力づくで覚えていこうとしても、「知りたい」という欲求が無いと、いくらテキストに載っていたとしても身に付かないものです。

ぜひ、ご検討ください。
今後ともよろしくお願い致します。
直前の学習、がんばってください。

( 以上です。長文で失礼しました。お読みいただき、ありがとうございます。)
8. Posted by 白書統計講座全般について   2019年04月22日 01:01
非常に丁寧な回答をいただきまして、ありがとうございます。

本来、全てお申し込みできるのが、理想ですが、失礼な質問にもかかわらずありがとうございました。

横断や選択式講座など興味があり、受講してみたい講座もありますので、合わせて検討いたします。

ありがとうございます。

コメントする

名前
 
  絵文字