2019年04月20日

一般常識70問解きまくり法令編

試験委員が考える“一般常識”とは何か。
膨大な学習範囲から“絶対に外せない”箇所はどこか。
苦手な一般常識の“壁”を突破するための、集中特訓講座
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

●「苦手な一般常識で、いきなり問題演習と言われても解ける自信がない・・」
 「問題に対応できるほど力がついてないのに、演習講座を受けても意味がないと思う・・」
 ――そんなことはありません。

<講座概要>
複数の法令を広く網羅しなければならない一般常識科目は、受験生にとっては対策が立てづらい科目です。また、自宅で、ひとりでテキストを読んでいても、なかなか知識として定着しにくいのもこの科目の大きな特徴と言えるでしょう。

一般常識を学習する際は、労働基準法や年金法などの主要科目とは異なる角度から取り組むことが不可欠であり、インプットよりもアウトプット形式からのアプローチが有効であると、佐藤塾は考えます。

本講座では、主要法令の“ここだけは外せない”“得点につながる”項目のみを抽出し、演習形式(択一式・選択式)で総まとめを行うことで、満点を狙うのではなく、確実に合格基準点を確保するためのワザを伝授します。

※本講座は膨大な一般常識の学習範囲の中で法令科目に特化した講座になります。白書・統計数値対策をご希望の方は「白書・統計数値対策講座」又は「白書・統計数値解きまくり」をご受講ください。

<こんな方は必須!>
●一般常識の学習が遅れている方・苦手な方
●「テキストを読んでいても、全然知識が身に付かない・・・」と、嘆いている方
●「一般常識ってどこまで学習すればいいの?」――学習範囲の絞り込みができない方

<受講料>
・通学      20,000円
・通信Web     23,500円
・通信DVD      26,000円

<日程>
〇LIVE講義 : 東京本校 7月15日(月・祝) 10:30~17:30 (3時間×2コマ)
                                     7月27日(土) 10:30~17:30 (3時間×2コマ)      
〇通学VB(ビデオブース) : 7月21日(日)・8月2日(金)視聴開始
  東京本校・名古屋本校・大阪本校・京都本校・福岡本校にて
〇通信Web : 7月20日(土)・8月1日(木)配信開始
〇通信DVD : 7月22日(月)・8月2日(金)発送開始


<担当講師>

  〇東京本校LIVE、VB、通信

佐藤としみ講師写真

 佐藤 としみ講師



この記事へのコメント

1. Posted by 講座について   2019年07月06日 12:13
講座について教えてください。

労一、社一に完全に手が回っておらず、藁をもすがる思いでみつけました。
レベル的には社一はテキストは1週している程度、労一は手つかず状態です。

受講可能なものでしょうか。
2. Posted by 管理人   2019年07月07日 13:43
講座さん、コメントありがとうございます。
また、「みつけていただいた」とのこと、大変、嬉しく存じます。
(なお、コメント欄には字数制限がありますので、回答を3つに分けさせていただきます。)

さて、結論から申し上げますと、可能です。
というのも、「一般常識70問解きまくり」は、「自分一人では、労一・社一のテキストを読み込むことができない人(または読み込む時間が無い人、あるいは問題演習の方が身に付く人)」が対象者だからです。
(正確にいうと、対象者は2つに分けられていて、もう一方の対象者は、「択一式の得点には自信があるものの選択式(労一・社一)での取りこぼしを無くしたい方」となります。ここでは、「読み込むことができない人」向けに書かせていただきます。)

本来、一般常識の学習は、テキストの読み込みをしていくのが通常です。
もちろん、過去問で確認していくことも必要でしょうが、一般常識の法令に関しては、他の8科目に比べ、過去に出題された問題が再び出る確率が少なく、過去問だけをやっていても万全とはなりません。
そこで、過去問で当たりを付け、テキストを読むことが求められますが、一般常識は、多くの法令が掲載されていることから、つかみどころがなく、流れに乗りにくいなど学習しにくい面があり、どうしても、他の8科目よりも後手に回ってしまう受験生が多いのも事実です。
3. Posted by 管理人   2019年07月07日 13:44
(講座様への続きです。3分の2)
また、最近では、白書・統計数値の問題のウェートが多くなり、その分、法令の問題数が少なくなってしまうことから、学習しても即、得点につながるかどうかが疑問であることから、なおさらヤル気を失ってしまう人も見かけられます。

ただし、一般常識の法令に関して、「学習をしない」又は「簡単な学習で済ませる」ことは、とても危険なことです。
理由は2つあります。
①今年に限っては、毎月勤労統計の不正問題が生じているため、統計の問題が出しにくいことが考えられ、一般常識の法令の問題数が多くなる可能性があること。
②白書・統計数値の問題が相応の問題数で出題された場合には、白書・統計数値の問題は正解できない(難易度が高い)可能性が高く、その場合には、一般常識の法令の問題で得点を稼がないと、基準点割れの危険性があること(選択式・択一式共通)。

したがって、深く学習をする必要はなくても、ざっと全体を見渡し、根幹の事項については理解しておかないとなりません。
ですが、先ほど、書かせていただいた通り、①テキストを自分で読む気になれない。②テキストを読んでも理解できるかどうかが疑問。③どちらかというと、問題を解いて覚える方が得意なタイプなので問題演習で身につけたいものの、過去問をやっても効果が期待できないため二の足を踏んでしまう。という方が多く見受けられるため、そういう方の為に誕生したのが、この「一般常識70問解きまくり」です。
4. Posted by 管理人   2019年07月07日 13:46
(講座様への続きです。3分の3)
この講座のコンセプトは、「問題演習で重要箇所を身につける」ことにあります。
したがって、講座を受講していただいた後には、
①問題演習で解いた箇所をテキストでざっと確認する。
②問題演習の問題と解説だけで完結し、力ずくで覚えていく。
のどちらでも構いませんので、復習をお願いします。

特に、②のように、テキストを今後、見ないで問題冊子と解説冊子だけで身につける方法も可能なように、問題の選定と解説の内容を充実させています。
「一般常識解きまくり」は、実は、以前(2012年)、実施したことがあり、大好評でした。
その後は、他の講座に比べ、相当な準備が必要となるため、封印していたのですが、近年、復活しました。
復活してほしいという要望が毎年のようにあったからです。

ご納得いただけるだけの内容であると自負しています。
ぜひ、ご検討ください。
末筆になりますが、暑い最中の追込みです。
体調に留意して、がんばってください。
5. Posted by 講座について   2019年07月09日 18:51
ご返信ありがとうございます。

ワンコイン模試も受けさせていただき、
正答率も何とか7割まで持ってくることができました。解説書は懇切丁寧で復習が捗りました。
(労一、社一はボロボロです)

「一般常識70問解きまくり」のテキストも今回の解説書と、同じようなテキストになると思っていればよろしいでしょうか。
それともよりも、通常のテキストに近いのでしょうか。

またできれば東京本校に通学したいと思っているのですが、
当方地方に住んでいますので、まだ当日に参加できるか決まっておりません。

お申し込みは前日、当日お支払いとかも可能でしょうか。

本講座で少しでも希望が持てればと思っています。
頑張ります。
6. Posted by 管理人   2019年07月10日 10:27
講座についてさん、コメントありがとうございます。

ONEコイン模試を受けられたんですね。
7割出来たのは、すばらしいです。
そうなると、あとは、一般常識ということになりますね。

「「一般常識70問解きまくり」のテキストも今回の解説書と、同じようなテキストになるか」というご質問ですが、解きまくりとありますように、「問題を解いていただいて、解説を行う」流れです。したがって、お配りするのは、「問題冊子」と「解説冊子」になりますので、もし、「インプット型のテキスト」を想定されているとしたら、テキストはありません。

ただし、「解説冊子」につきましては、模試の解説冊子と同じように、詳しく掲載させていただいています。
およそ、労一、社一とも、「択一式28問、選択式7問」の予定ですが、択一式の解説は、ほぼ2ページにまたがっていますし、問題に付随して押さえておきたい箇所を掲載していますので、これらを押さえていただけますと、基本的な知識ともう少し入り組んだ論点は習得でき、本試験で十分闘えるはずです。

お申し込みとお支払については、当日の朝で構いません。
少し、早めにお越しいただいて、手続きをしてください。
(窓口が混んでいる場合も考えられますので。)

当日、お待ちしております。
学習の方、がんばってください。

コメントする

名前
 
  絵文字