2019年03月20日

「ランチタイム・スタディ2019統計数値」の17日目は、「労働力調査詳細集計(速報)平成30年平均結果の概要」から「雇用者の雇用形態別の構成(正規・非正規など)」の調査記載内容の前半です。


「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の主旨については、2月21日の佐藤塾ブログの『ランチタイム・スタディ 2019統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



雇用者の雇用形態別の構成(正規・非正規など)前半

【労働力調査詳細集計(速報)平成30年平均結果の概要】


(1)正規の職員・従業員は53万人増加,非正規の職員・従業員は84万人増加

2018年平均の役員を除く雇用者5,596万人となり、前年に比べ136万人の増加となった。

このうち正規の職員・従業員3,476万人と53万人の増加となった。
一方、非正規の職員・従業員は2,120万人と84万人の増加となった。

男女別にみると、男性正規の職員・従業員が2,339万人と29万人の増加非正規の職員・従業員が669万人と22万人の増加となった。

女性正規の職員・従業員が1,137万人と23万人の増加非正規の職員・従業員が1,451万人と62万人の増加となった。


<ポイント>
・雇用者は、約5,600万人で、4割弱が非正規です。
・男性、女性の正規、非正規ともに増加しています。
・女性の非正規は、約1,500万人です。


(2)非正規の職員・従業員が多い年齢階級は男性では65歳以上及び55~64歳,女性では45~54歳及び35~44歳

非正規の職員・従業員を男女、年齢階級別にみると、男性は2018年平均で65歳以上が189万人(28.3%)と最も多く、次いで55~64歳が145万人(21.7%)、女性45~54歳が365万人(25.2%)と最も多く、次いで35~44歳が307万人(21.2%)などとなった。

雇用形態別にみると、パート・アルバイト1,490万人と76万人のなどとなった。


<ポイント>

・男性の非正規が多い年齢層は65歳以上で、女性の非正規が多い年齢層は45歳~54歳層と明確な違いがありますので要注意です。
・パート・アルバイトは、約1,500万人です。



明後日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字