2019年03月17日

佐藤塾で受講していただいている方を対象に「個別相談」3月21日(木・祝)、23日(日)実施いたします。

お一人様25分で行います。

次のような方はご相談ください。
学習の方法等で悩みや相談のある方
モチベーションを高めたい
③今後の学習で巻き返しを図りたい


東京本校に来所いただくか、電話で話をするかのいずれでも結構ですので、予約をしてください。
お越しいただける方は、できるだけお越しください。

お手元に「個別相談シート」がある方は、記載していただき、お話しをする当日にお持ちいただくか、電話でお話しする場合は事前に東京本校(又は最寄の各本校)にお渡しください。
現在、お持ちでない方は、ナシで構いません。
通信で受講の方には、3月11日の発送物に同封してあります。

時間割ですが、3月21(木・祝)は、相談開始時刻で、①~⑤の設定としています。(1枠25分)
①13:00~ ②13:45~ ③14:30~ ④15:15~ ⑤16:00~ 

3月23日(土)は、教室確保の都合上、⑥~⑧の3枠のみとなります。(1枠25分)
⑥18:00~ ⑦18:45~ ⑧19:30~


[手順]
・03-3360-3371(辰已法律研究所東京本校)に電話をしていただき、予約をしてください。
・「氏名、電話番号、来所か電話か、枠(①~⑧)の希望」をお伝えください。
・東京本校にお越しいただける方は、その時刻までに東京本校へお越しください。
・電話の方は、その時刻に電話がかかってくるのをお待ちください。
 (3分過ぎても電話が無い場合はお手数ですが、東京本校に電話でその旨、連絡してください。)


参考までに、今までの個別相談で話題となった主なものは次のとおりです。
①年金を克服する(苦手意識をなくす)ための学習方法や優先順位
②インプット講義が国年・厚年の時期(3月~4月)の学習配分
③テキストの読み込みをする時期と科目ごとの優先順位と時間設定の工夫
④過去問の効果的な講義に合わせた回し方と、最終段階での過去問を使った追い込み方
⑤本試験で昨年よりも択一式を10点上げるための作戦
⑥選択式対策のために学習しておくべき内容と時期とやり方
⑦一般常識の知識を底上げするための最低限やるべきこと
⑧本試験前にまとまった休みをとるか、ばらしてとるか
⑨ゴールデンウィーク10連休の過ごし方    等


2回目の相談は、基本的に1回目の相談日から40日以上あけて、再度、お申し込みください。
2回目以降の際は、個別相談シートは、ご提出いただいているので必要ありません。



コメントする

名前
 
  絵文字