2019年02月06日

「ランチタイム・スタディ」の第85問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月28日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2018本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)をご覧ください。

さて、85問目は、択一式の健康保険法です。


正答率31%の問題で、難問です。
※難問とは、合格者でも正答率が50%を割ってしまっている問題を指します。


<問題( 択一式 健保 問1 )>

〔問〕 保険者に関する次のアからオの記述のうち、誤っているものの組合せは、後記AからEまでのうちどれか。

ア 全国健康保険協会の運営委員会の委員は、9人以内とし、事業主、被保険者及び全国健康保険協会の業務の適正な運営に必要な学識経験を有する者のうちから、厚生労働大臣が各同数を任命することとされており、運営委員会は委員の総数の3分の2以上又は事業主、被保険者及び学識経験を有する者である委員の各3分の1以上が出席しなければ、議事を開くことができないとされている。

イ 健康保険組合でない者が健康保険組合という名称を用いたときは、10万円以下の過料に処する旨の罰則が定められている。

ウ 全国健康保険協会が業務上の余裕金で国債、地方債を購入し、運用を行うことは一切できないとされている。

エ 健康保険組合は、分割しようとするときは、当該健康保険組合に係る適用事業所に使用される被保険者の4分の3以上の多数により議決し、厚生労働大臣の認可を受けなければならない。

オ 厚生労働大臣は、全国健康保険協会の事業年度ごとの業績について、評価を行わなければならず、この評価を行ったときは、遅滞なく、全国健康保険協会に対し、当該評価の結果を通知するとともに、これを公表しなければならない。

A(アとイ) B(アとウ) C(イとオ)
D(ウとエ) E(エとオ)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



D
  


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説


ア 〇 (法7条の18第2項、則2条の4第5項) 本肢のとおりである。なお、運営委員会は、協会の理事長が招集するが、理事長は、運営委員会の委員の総数の3分の1以上の委員が審議すべき事項を示して運営委員会の招集を請求したときは、運営委員会を招集しなければならないものとされている(則2条の4第1項・2項)。また、運営委員会には委員長を置き、委員の互選により選任する(則2条の4第3項)。

イ 〇 (法220条) 本肢のとおりである。

ウ ☓ (法7条の33、令1条) 協会は、業務上の余裕金を運用してはならないとされているが、①国債、地方債、政府保証債その他厚生労働大臣の指定する有価証券の取得、②銀行その他厚生労働大臣の指定する金融機関への預金、③信託業務を営む金融機関への金銭信託による場合は、除かれる。

エ ☓ (法24条1項) 健康保険組合は、分割しようとするときは、組合会において「組合会議員の定数」の4分の3以上の多数により議決し、厚生労働大臣の認可を受けなければならない。

オ 〇 (法7条の30) 本肢のとおりである。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の健康保険法の問1は、保険者に関する組合せ問題でした。教会や組合に関する運営や罰則等の細かい内容であり、難解な問題です。特にエが誤りであることを見抜けず、B(アとウ)を選んでしまった方が多く見受けられました。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字