2019年02月05日

「ランチタイム・スタディ」の第84問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月28日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2018本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)をご覧ください。

さて、84問目は、択一式の労働安全衛生法です。


正答率32%の問題で、難問です。
※難問とは、合格者でも正答率が50%を割ってしまっている問題を指します。
※約3人に1人が正解している問題です。


<問題( 択一式 安衛 問9 )>

〔問〕 労働安全衛生法第45条に定める定期自主検査に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 事業者は、現に使用している動力プレスについては、1年以内ごとに1回、定期に、労働安全衛生規則で定める自主検査を行わなければならないとされているが、加工材料に加える圧力が3トン未満の動力プレスは除かれている。

B 事業者は、現に使用しているフォークリフトについては、1年を超えない期間ごとに1回、定期に、労働安全衛生規則で定める自主検査を行わなければならないとされているが、最大荷重が1トン未満のフォークリフトは除かれている。

C 作業床の高さが2メートル以上の高所作業車は、労働安全衛生法第45条第2項に定める特定自主検査の対象になるので、事業者は、その使用する労働者には当該検査を実施させることが認められておらず、検査業者に実施させなければならない。

D 屋内作業場において、有機溶剤中毒予防規則に定める第1種有機溶剤等又は第2種有機溶剤等を用いて行う印刷の業務に労働者を従事させている事業者は、当該有機溶剤作業を行っている場所で稼働させている局所排気装置について、1年以内ごとに1回、定期に、定められた事項について自主検査を行わなければならない。

E 事業者は、定期自主検査を行ったときは、その結果を記録し、これを5年間保存しなければならない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



D
  


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説


A ☓ (法45条1項、令15条1項、則134条の3) 本肢の自主検査を行わなければならない機械について、加工材料に加える圧力が3トン未満の動力プレスは「除かれていない」。なお、1年を超える期間使用しない動力プレスの当該使用しない期間においては、自主検査を行う必要はない。

B ☓ (法45条2項、令15条2項、則151条の21) 本肢の自主検査を行わなければならない機械について、最大荷重が1トン未満のフォークリフトは「除かれていない」。なお、1年を超える期間使用しないフォークリフトの当該使用しない期間においては、自主検査を行う必要はない。

C ☓ (法45条2項) 特定自主検査は、「その使用する労働者で一定の資格を有するもの」又は検査業者に検査を実施させなければならない。したがって、その使用する労働者に検査を実施させることは認められている。

D 〇 (法45条1項、有機溶剤中毒予防規則20条1項) 本肢のとおりである。なお、1年を超える期間使用しない局所排気装置の当該使用しない期間においては、自主検査は不要である。ただし、その使用を再び開始する際に、自主検査を行わなければならない。

E ☓ (法45条1項、則135条の2ほか) 定期自主検査の記録の保存期間は「3年間」である。





-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の労働安全衛生法の問9は、労働安全衛生法第45条に定める定期自主検査に関する問題です。すべての肢の難易度が高く、正解するのは難しいと思われます。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字