2019年02月04日

「ランチタイム・スタディ」の第83問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月28日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2018本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)をご覧ください。


さて、83問目は、選択式の労働者災害補償保険法です。

正答率34%の問題で、Dは難問です。

※選択式労災A=97%、B=82%、C=75%、D=34%(A、B及びCは、Dより正答率が高いものの同じカテゴリーですので、Dの正答率に合わせここで掲載しています。)
※難問とは、合格者でも正答率が50%を割ってしまっている問題を指します。


<問題( 選択式 労災 ABCD )>

労災保険法においては、労働基準法適用労働者には当たらないが、業務の実態、災害の発生状況等からみて、労働基準法適用労働者に準じて保護するにふさわしい一定の者に対して特別加入の制度を設けている。まず、中小事業主等の特別加入については、主たる事業の種類に応じ、厚生労働省令で定める数以下の労働者を使用する事業の事業主で  A  に労働保険事務の処理を委託している者及びその事業に従事する者である。この事業の事業主としては、卸売業又は  B  を主たる事業とする事業主の場合は、常時100人以下の労働者を使用する者が該当する。この特別加入に際しては、中小事業主が申請をし、政府の承認を受ける必要がある。給付基礎日額は、当該事業に使用される労働者の賃金の額その他の事情を考慮して厚生労働大臣が定める額とされており、最高額は C である。

また、労災保険法第33条第3号及び第4号により、厚生労働省令で定める種類の事業を労働者を使用しないで行うことを常態とする者とその者が行う事業に従事する者は特別加入の対象となる。この事業の例としては、 D の事業が該当する。また、同条第5号により厚生労働省令で定める種類の作業に従事する者についても特別加入の対象となる。特別加入はこれらの者(一人親方等及び特定作業従事者)の団体が申請をし、政府の承認を受ける必要がある。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。

Aの選択肢  
① 社会保険事務所   ② 商工会議所
③ 特定社会保険労務士   ④ 労働保険事務組合

Bの選択肢
① 小売業   ② サービス業   ③ 不動産業   ④ 保険業

Cの選択肢
① 20,000円   ② 22,000円   ③ 24,000円   ④ 25,000円

Dの選択肢
① 介護事業   ② 畜産業   ③ 養蚕業   ④ 林業




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



A → ④ 労働保険事務組合 (法33条1号)

B → ② サービス業 (則46条の16)

C → ④ 25,000円 (則46条の20)

D → ④ 林業 (則46条の17第4号)


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・選択式の労働者災害補償保険法のA、B、C及びDは、特別加入からの出題でした。Dの難易度が高かったものの、それ以外は択一式で出題されてもおかしくない基本的な内容であり、確実に得点したい問題です。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字