2019年01月16日

「ランチタイム・スタディ」の第70問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月28日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2018本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)をご覧ください。


さて、70問目は、選択式の厚生年金保険法です。

正答率49%の問題です。



<問題( 選択式 厚年 A )>

厚生年金保険法第83条第2項の規定によると、厚生労働大臣は、納入の告知をした保険料額が当該納付義務者が納付すべき保険料額をこえていることを知ったとき、又は納付した保険料額が当該納付義務者が納付すべき保険料額をこえていることを知ったときは、そのこえている部分に関する納入の告知又は納付を、その A 以内の期日に納付されるべき保険料について納期を繰り上げてしたものとみなすことができるとされている。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。


⑪ 納入の告知又は納付の日から1年 
⑫ 納入の告知又は納付の日から6か月
⑬ 納入の告知又は納付の日の翌日から1年 
⑭ 納入の告知又は納付の日の翌日から6か月




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



A → ⑭ 納入の告知又は納付の日の翌日から6か月 (法83条2項)


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・選択式の厚生年金保険法のAは、過誤納付保険料の繰上充当からの出題でした。「6か月」という基本事項はわかっていても、「日」か「翌日」かの判断が正確でないと、正解にたどりつくことができません。多くの人が、この点で苦戦したものと思われます。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字