2019年01月10日

「ランチタイム・スタディ」の第67問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月28日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2018本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)をご覧ください。


さて、67問目は、選択式の労働安全衛生法です。

正答率51%の問題です。



<問題( 選択式 安衛 D )>

労働安全衛生法で定義される作業環境測定とは、作業環境の実態を把握するため空気環境その他の作業環境について行う D 、サンプリング及び分析(解析を含む。)をいう。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。


⑩ 気流の測定
⑫ 作業状況の把握
⑯ デザイン
⑲ モニタリング




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



D → ⑯ デザイン (労働安全衛生法2条4号)


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・選択式の労働安全衛生法のDは用語の定義でした。平成12年の本試験択一式でも出題されていることから正解を導きだしたい問題です。ただ、うろ覚えの場合には、Dの次にくる語句が「サンプリング」であるため、「⑲ モニタリング」を選んでしまう受験生が多く見受けられました。

・ここは、用語の意味を明確に押さえておく必要があります。「デザイン」とは、測定対象作業場の作業環境の実態を明らかにするために、当該作業場の諸条件に即した測定計画を立てることをいい、「サンプリング」とは、測定しようとする物の捕集等に適したサンプリング機器をその用法に従って適正に使用し、デザインにおいて定められたところにより試料を採取し、必要に応じて分析を行うための前処理をいい、最後にくる「分析(解析を含む)」とは、サンプリングした試料に種々の理化学的操作を加えて、測定しようとする物を分離し、定量し、又は解析することをいいます。「作業環境測定=デザイン・サンプリング・分析」と、セットで押さえておきましょう。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字