2019年01月08日

「ランチタイム・スタディ」の第65問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月28日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2018本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)をご覧ください。


さて、65問目は、選択式の厚生年金保険法です。

正答率55%の問題です。

※選択式厚年D=55%、E=59%(EはDより正答率が高いものの同じカテゴリーですので、Dの正答率に合わせここで掲載しています。)


<問題( 選択式 厚年 DE )>

厚生年金保険法第26条第1項の規定によると、3歳に満たない子を養育し、又は養育していた被保険者又は被保険者であった者が、主務省令で定めるところにより実施機関に申出(被保険者にあっては、その使用される事業所の事業主を経由して行うものとする。)をしたときは、当該子を養育することとなった日(厚生労働省令で定める事実が生じた日にあっては、その日)の属する月から当該子が3歳に達したときに該当するに D までの各月のうち、その標準報酬月額が当該子を養育することとなった日の属する月の前月(当該月において被保険者でない場合にあっては、当該月前 E における被保険者であった月のうち直近の月。以下「基準月」という。)の標準報酬月額(同項の規定により当該子以外の子に係る基準月の標準報酬月額が標準報酬月額とみなされている場合にあっては、当該みなされた基準月の標準報酬月額。以下「従前標準報酬月額」という。)を下回る月(当該申出が行われた日の属する月前の月にあっては、当該申出が行われた日の属する月の前月までの2年間のうちにあるものに限る。)については、従前標準報酬月額を当該下回る月の厚生年金保険法第43条第1項に規定する平均標準報酬額の計算の基礎となる標準報酬月額とみなすとされている。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。

Dの選択肢
⑤ 至った日の属する月 
⑥ 至った日の属する月の前月
⑦ 至った日の翌日の属する月 
⑧ 至った日の翌日の属する月の前月


Eの選択肢
① 1年以内  ② 1年6か月以内  ③ 2年以内  ④ 6か月以内



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



D → ⑧ 至った日の翌日の属する月の前月 (法26条1項)

E → ① 1年以内 (法26条1項)


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・選択式の厚生年金保険法のD及びEは、「3歳未満の子を養育する被保険者等の標準報酬月額の特例」からの出題でした。3歳未満の子を養育する期間中の標準報酬月額が、従前標準報酬月額(子の養育を開始した月の前月の標準報酬月額)を下回る場合には、申出により、従前標準報酬月額を、当該期間に係る年金額を計算する際のその者の標準報酬月額とみなす制度です。子を養育するための期間中は、子の養育のための時間を確保するために労働時間が短くなり、その結果、子を養育する被保険者等の年金額を計算する際に、その計算の基礎となる標準報酬月額が低額になってしまう場合があるため、これを解消するため、平成17年4月から本規定が導入されました。Dは、多くの人が、「⑥ 至った日の属する月の前月」と正解肢である「⑧ 至った日の翌日の属する月の前月」で迷い、Eは、正解肢である「① 1年以内」と「③ 2年以内」で迷い、多くの受験生が解答に苦戦したと思われます。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字