2018年12月21日

「ランチタイム・スタディ」の第58問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月28日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2018本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)をご覧ください。


さて、58問目は、選択式の国民年金法です。

正答率58%の問題です。

※選択式国年D=65%、E=58%(DはEより正答率が高いものの同じカテゴリーですので、Eの正答率に合わせここで掲載しています。)


<問題( 選択式 国年 DE )>

昭和16年4月2日以後生まれの者が、老齢基礎年金の支給繰下げの申出をした場合、老齢基礎年金の額に増額率を乗じて得た額が加算されるが、その増額率は  D  に当該年金の受給権を  E  を乗じて得た率をいう。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



② 100分の11      ③ 100分の12 
④ 1000分の5   ⑤ 1000分の7

⑪ 取得した日から起算して当該年金の支給の繰下げの申出をした日の前日までの年数(1未満の端数が生じたときは切り捨て、当該年数が5を超えるときは5とする。)
⑫ 取得した日から起算して当該年金の支給の繰下げの申出をした日までの年数(1未満の端数が生じたときは切り捨て、当該年数が5を超えるときは5とする。)
⑬ 取得した日の属する月から当該年金の支給の繰下げの申出をした日の属する月の前月までの月数(当該月数が60を超えるときは、60)
⑭ 取得した日の属する月から当該年金の支給の繰下げの申出をした日の属する月までの月数(当該月数が60を超えるときは、60)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



D → ⑤ 1,000分の7 (令4条の5第1項)

E → ⑬ 取得した日の属する月から当該年金の支給の繰下げの申出をした日の属する月の前月までの月数(当該月数が60を超えるときは、60) (令4条の5第1項)


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・選択式の国民年金法のD及びEは、老齢基礎年金の支給繰下げに関する問題でした。基本的な内容でしたので得点したいところですが、D、Eに入れるべき正解肢2つを選べたものの、逆に入れ込んでしまい、どちらも落としてしまった方が「4~5人に1人」いました。逆に入れてしまった場合は、問題文の文章が成り立ちません。見直しをする際に、落ち着いて問題文を読むように心がけてください。



来週もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字