2018年11月16日

過去問分析答練①労働法編に関してのお知らせです。

<問題数>
・択一式問題数・・・5肢択一式全20問(労基法12問、安衛法4問、労働一般常識4問)
・選択式問題数・・・全10問(労基法6問、安衛法2問、労働一般常識2問)

<択一式問題構成>
・①過去問そのもの、②過去問の〇を☓に、又は☓を〇に変えたもの、③過去問での出題条文(出題判例)にひねりを加えて出題したもの、④過去に出題された問題に関連した問題

<選択式問題構成>
・①過去問そのもの、②過去に出題された択一式問題を焼き直して選択式として出題したもの、③講義でかなり重点的に扱った内容

<演習時間>
・2時間・・・問題冊子は、択一式・選択式ともに同じ冊子になっています。2時間の「演習」では、必ず、択一式から解いてください。時間配分に関しては、おおよそ、択一式50分、選択式50分、見直し20分程度が目安です。

<解説時間>
・2時間・・・解いた後、すぐに解説講義を視聴できるのが佐藤塾の答練のポイントです。木田麻弥講師による解説講義(教室ではビデオ講義放映)が行われますので、できなかったところを中心に確認をしておくようにしてください。

<正答率・弱点克服シート>
・後日、「正答率・弱点克服シート」(総評、正答率及び自己記入表、選択式チェック(正解肢とともに、間違いやすいダミーを表示したもの))を、後日、お渡しします。

<目的>
・インプット学習の理解(テキストの読み込み、過去問の攻略)がどの程度、はかどっているかを確認するためのものです。あまり学習がはかどっていない方でも、「テーマ」を持って臨んでください。

①現時点で学習が順調にはかどっている方・・・択一式得点8割以上と、選択式すべて3点以上を目標に臨んでください。
②現時点で学習が追い付いていないという方・・・労働基準法を中心に学習をしていただき、労働基準法の問題では良い得点を取れるよう頑張ってみてください。
③本試験で択一式の得点が45点に届いていない方・・・選択式よりも択一式に意識して臨んでください。

<必要物>
・鉛筆、消しゴム、時計、受講証  等
・テキストや過去問を持参いただく必要はありません。(すぐに確認できるよう手元にあっても構いませんが・・)解説講義では、「解説冊子」と「講師レジュメ」を配布し、解説を行います。



ご質問がありましたので、ブログに記載させていただきました。

結果について、一喜一憂する必要はありません。
どの程度、身についているかのを確認するためのものです。

結果よりもトライし、次へ進む糧にすることが大切です。



コメントする

名前
 
  絵文字