2018年11月07日

平成30年版過労死等防止対策白書」が、10月30日に公表されました。
(おそらく、「過労死等防止啓発月間」である11月が到来する前の10月末日に公表しているものと思われます。)

~過労死等が多く発生していると指摘のある重点業種・職種(教職員、IT産業、医療)の過労死等の要因等について分析しました~



「平成30年版 過労死等防止対策白書」のポイント

1.国における主な取組として、「過労死等の防止のための対策に関する大綱」(平成30年7月24日閣議決定)の概要及び「働き方改革を推進するための関連法律の整備に関する法律」(働き方改革関連法)の定める長時間労働の是正等に関するポイントについて記載。

2.過労死等が多く発生していると指摘のある教職員、IT産業、医療を中心とした重点業種・職種に関する労災事案等の分析など、企業における過労死等防止対策の推進に参考となる調査研究結果を報告。

3.労働行政機関等における長時間労働削減等の対策や国民に対する啓発、民間団体の活動に対する支援など、昨年度の取組を中心とした施策の状況について詳細に報告。

4.過労死等防止対策に取り組む民間団体、国、地方公共団体及び学校の活動をコラムとして紹介。


「過労死等」の定義
(1)業務における過重な負荷による脳血管疾患・心臓疾患を原因とする死亡
(2)業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡
(3)死亡には至らないが、これらの脳血管疾患・心臓疾患、精神障害



内容に関しては、後日、掲載できれば掲載したいと思います。



コメントする

名前
 
  絵文字