2018年10月31日

「ランチタイム・スタディ」の第22問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月28日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2018本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)をご覧ください。


さて、22問目は、選択式の社会保険一般常識です。

正答率75%の問題です。

※正答率75%=4人に3人が正解している問題です。


<問題( 選択式 社一 B )>

11歳、8歳、5歳の3人の児童を監護し、かつ、この3人の児童と生計を同じくしている日本国内に住所を有する父に支給する児童手当の額は、1か月につき B である。なお、この3人の児童は、施設入所等児童ではなく、かつ、父の所得額は所得制限額未満であるものとする。




step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。


⑬ 30,000円    ⑭ 35,000円 
⑮ 40,000円    ⑯ 45,000円



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・



⑭ 35,000円 (児童手当法6条1項)


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント

・選択式の社会保険一般常識のBは、児童手当の額を計算させる問題でした。択一式でも出題されることから、対策が施されていた方が多かったように思われます。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字