2018年10月16日

「ランチタイム・スタディ」の第11問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月28日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2018本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)をご覧ください。


さて、11問目は、選択式の労働基準法です。

正答率80%の問題です。



<問題( 選択式 労基 C )>

最高裁判所は、同業他社への転職者に対する退職金の支給額を一般の退職の場合の半額と定めた退職金規則の効力が問題となった事件において、次のように判示した。
「原審の確定した事実関係のもとにおいては、被上告会社が営業担当社員に対し退職後の同業他社への就職をある程度の期間制限することをもつて直ちに社員の職業の自由等を不当に拘束するものとは認められず、したがつて、被上告会社がその退職金規則において、右制限に反して同業他社に就職した退職社員に支給すべき退職金につき、その点を考慮して、支給額を一般の自己都合による退職の場合の半額と定めることも、本件退職金が C 的な性格を併せ有することにかんがみれば、合理性のない措置であるとすることはできない。」




step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。


⑪ 功労報償
⑬ 就業規則を遵守する労働者への生活の補助
⑭ 成果給
⑰ 転職の制約に対する代償措置



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・



⑪ 功労報償 (昭52.8.9最高裁第二小法廷判決三晃社事件)


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント

・選択式の労働基準法のCは、最高裁判例「三晃社事件」からの出題で、平成9年の本試験択一式でも論点とされていました。正解肢となる「功労報償」は、他に惑わせる選択肢もなく、多くの受験生が正解できていました。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字