2018年10月15日

「ランチタイム・スタディ」の第10問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月28日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2018本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)をご覧ください。


さて、10問目は、選択式の社会保険一般常識です。

正答率80%の問題です。



<問題( 選択式 社一 C )>

確定給付企業年金法第29条第1項では、事業主(企業年金基金を設立して実施する確定給付企業年金を実施する場合にあっては、企業年金基金。)は、次に掲げる給付を行うものとすると規定している。
(1)老齢給付金
(2) C 



step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。


⑰ 遺族給付金 
⑱ 障害給付金 
⑲ 脱退一時金 
⑳ 特別給付金


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・



⑲ 脱退一時金 (確定給付企業年金法29条1項)


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント

・選択式の社会保険一般常識のCは、確定給付企業年金法の給付の種類の問題でした。確定給付企業年金法の中でも基本条文からの出題でしたので、正答率は高くなりました。規約を定めるところにより、行うことができる給付として、「障害給付金」「遺族給付金」があります。(確定給付企業年金法29条2項)

明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字