2018年10月04日

「ランチタイム・スタディ」の第4問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月28日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2018本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)をご覧ください。



さて、4問目は、選択式の雇用保険法です。

正答率82&84&88%の問題です。

※選択式雇用A=82%、B=84%、C=88%(B及びCは正答率がAより高いものの同じカテゴリーですので、Aの正答率に合わせここで掲載しています。)


<問題( 選択式 雇用 ABC )>

雇用保険法第14条第1項は、「被保険者期間は、被保険者であった期間のうち、当該被保険者でなくなった日又は各月においてその日に応当し、かつ、当該被保険者であった期間内にある日(その日に応当する日がない月においては、その月の末日。以下この項において「喪失応当日」という。)の各前日から各前月の喪失応当日までさかのぼった各期間(賃金の支払の基礎となった日数が11日以上であるものに限る。)を1箇月として計算し、その他の期間は、被保険者期間に算入しない。ただし、当該被保険者となった日からその日後における最初の喪失応当日の前日までの期間の日数が A 以上であり、かつ、当該期間内における賃金の支払の基礎となった日数が B 以上であるときは、当該期間を C の被保険者期間として計算する。」と規定している。



step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。


A及びBの選択肢
① 8日    ② 9日    ③  10日    ④ 11日
⑤ 15日  ⑥ 16日  ⑦  18日    ⑧ 20日

Cの選択肢
⑬ 4分の1箇月    ⑭ 3分の1箇月
⑮ 2分の1箇月    ⑯ 1箇月



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・


A → ⑤ 15日 (法14条)

B → ④ 11日 (法14条)

C → ⑮ 2分の1箇月 (法14条)

   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント


・選択式の雇用保険法のA、B及びCは、基本条文からの出題でしたので、難なく正解できた人が多かったように思われます。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字