2018年10月02日

「ランチタイム・スタディ」の第2問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月28日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2018本試験」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)をご覧ください。



さて、2問目は、選択式の労働基準法です。

正答率89%の問題です。



<問題( 選択式 労基 B )>

生後満1年に達しない生児を育てる女性は、労働基準法第34条の休憩時間のほか、1日2回各々少なくとも B 、その生児を育てるための時間を請求することができる。




step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。



① 15分 
② 30分 
③ 45分 
④ 1時間




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・



② 30分(労働基準法67条1項)


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント


・選択式の労働基準法のBは、生後満1年に達しない生児を育てる女性の育児時間の請求の問題でした。基本条文からの出題でしたので、正答率は高くなりました。なお、「育児時間を請求することができるのは女性に限られ、男性には請求権はない」ことや、「育児時間中の賃金について、有給にするか無給にするかは当事者の自由である」ことなども合わせて押さえておきましょう。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字