2018年08月15日

「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」の36問目は、「平成26年及び平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」から「年金制度の概況」の問題です。

「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」の主旨については、3月5日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


<問題( 選択式  )>

1 公的年金受給者の年金総額は、平成28年度末現在で A となっており、前年度末に比べて3千億円(0.5%)増加している。

2 一人当たり標準報酬額(総報酬ベース・年額)は、平成28年度で B であり、前年度に比べて0.1%減少している。

3.国民年金の全額免除者・申請一部免除者(平成28年度末現在)の割合は、次のとおりである。
・全額免除割合= C 
・申請一部免除割合= D 

4 平成26年度までに過年度分として納付された保険料を加えた平成24年度の最終納付率は、 E となっている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



Aの選択肢
① 34兆8千億円  ② 54兆8千億円  ③ 57兆8千億円  ④ 94兆8千億円

Bの選択肢
① 237万5千円  ② 337万5千円  ③ 437万5千円  ④ 537万5千円

C及びDの選択肢
① 2.8%  ② 7.8%  ③ 12.8%  ④ 17.8%
⑤ 27.5%  ⑥ 37.5%  ⑦ 47.5%  ⑧ 57.5%

Eの選択肢
① 57.76%  ② 67.76%  ③ 77.76%  ④ 87.76%



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


A ② 54兆8千億円(平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況)

B ③ 437万5千円(平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況)

C ⑥ 37.5%(平成26年度厚生年金保険・国民年金事業の概況)

D ① 2.8%(平成26年度厚生年金保険・国民年金事業の概況)

E ② 67.76%(平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント


・「平成26年及び平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」から「年金制度の概況」の問題です。この部分は、選択式でも択一式でも出題される可能性がありますので、おおまかな数字は確実に押さえておきましょう。


明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字