2018年08月06日

「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」の30問目は、「平成29年版厚生労働白書」から「児童手当」の問題です。

「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」の主旨については、3月5日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



<問題( 選択式  )>

児童手当は、中学校卒業までの児童を養育している方に支給される A である。支給額は、児童1人当たりの月額で3歳未満は B 、3歳以上小学校修了前の第1子、第2子は C 、第3子以降は B 、中学生は C である。所得制限があり、所得制限限度額は扶養親族などの数に応じて設定される。例えば夫婦と児童2人(扶養親族が3人)の場合、所得制限額は年収ベースで960万円である。所得制限を超える場合は、当分の間、児童1 人当たり月額 D の特例給付が支給される。2016(平成28)年2月末で受給者数は約 E (施設等受給者数を除く。)である。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。

Aの選択肢
① 現物給付  ② 医療給付  ③ 償還払い  ④ 金銭給付

B、C及びDの選択肢
① 5,000円  ② 7,500円  ③ 10,000円  ④ 12,500円
⑤ 15,000円  ⑥ 20,000円  ⑦ 25,000円  ⑧ 30,000円  
   

Eの選択肢E 
① 543万人  ② 1,043万人  ③ 1,543万人  ④ 2,043万人



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


A ④ 金銭給付

B ⑤ 15,000円

C ③ 10,000円

D ① 5,000円

E ② 1,043万人



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント


・「平成29年版厚生労働白書」から、児童手当に関する問題です。白書では、児童手当の法律の知識と共に、受給者数などの数値も問われやすいため、この機に確実に押さえておきましょう。


明日もがんばりましょう。





コメントする

名前
URL
 
  絵文字