2018年07月11日

「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」の23問目の「労働者の健康状況」の要点整理 その2です。

「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」の主旨については、3月5日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


労働者の健康状況2

【平成28年労働者健康状況調査】

(4)精神的ストレス等に関する事項

現在の自分の仕事や職業生活での不安、悩み、ストレスについて「相談できる人がいる」とする労働者の割合は91.1%となっており、女性(94.8%)の方が男性(88.5%)より高くなっている。

「相談できる人がいる」労働者が挙げた相談相手(複数回答)は、「家族・友人」(84.8%)が最も多く、次いで「上司・同僚」(76.0%)となっている。


(5)受動喫煙防止対策及び受動喫煙の状況

受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所の割合は85.8%となっている。

職場で他の人のたばこの煙を吸引すること(受動喫煙)があるとする労働者の割合は、「ほとんど毎日ある」の13.4%、「ときどきある」の21.3%を合わせて34.7%となっている。

職場での喫煙に関して不快に感じること、体調が悪くなることの有無についてみると、「不快に感じること、体調が悪くなることがある」とする労働者の割合は18.8%となっている。

これを「職場で受動喫煙がある」とした労働者でみると、「不快に感じること、体調が悪くなることがある」とする労働者の割合は37.1%となっている。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字