2018年07月09日

「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」の第23問です。


「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」の主旨については、3月5日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。

さて、23問目は、「労働者の健康状況」からの過去問です。



<問題(労働者の健康状況)>

〔問〕 休日・休暇等の動向に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、本問においては「平成28年労働者健康状況調査」を参照している。

A 平成28 年7月1日が含まれる1 か月間に100時間を超える時間外・休日労働をした労働者(受け入れている派遣労働者を除く。)の割合は6.6%となっている。

B 過去1年間(平成27年11月1日から平成28年10月31日までの期間)にメンタルヘルス不調により連続1か月以上休業した労働者(受け入れている派遣労働者を除く。)がいる事業所の割合は4.0%、退職した労働者の割合は2.0%となっている。

C 「平成28年労働者健康状況調査」によると、メンタルヘルスケアに取り組んでいる事業所の割合は8割を超えている。

D 「平成24年労働者健康状況調査」によると、現在の自分の仕事や職業生活での不安、悩み、ストレスについて「相談できる人がいる」とする労働者の割合は、約6割となっている。

E 職場で他の人のたばこの煙を吸入すること(受動喫煙)があるとする労働者の割合は、「ほとんど毎日ある」と「ときどきある」をあわせて34.7%となっている。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


E


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A ☓ (平成28年労働者健康状況調査)  平成28 年7月11日が含まれる1 か月間に100時間を超える時間外・休日労働をした労働者(受け入れている派遣労働者を除く。)の割合は「0.3%」となっている。6.6%は、1 か月間に45時間を超える時間外・休日労働をした労働者(受け入れている派遣労働者を除く。)の割合である。(H26-3A改)

B ☓ (平成28年労働者健康状況調査)  過去1年間(平成27年11月1日から平成28年10月31日までの期間)にメンタルヘルス不調により連続1か月以上休業した労働者(受け入れている派遣労働者を除く。)がいる事業所の割合は「0.4%」、退職した労働者の割合は「0.2%」となっている。(H26-3B改)

C ☓ (平成28年労働者健康状況調査)  「平成28年労働者健康状況調査」によると、メンタルヘルスケアに取り組んでいる事業所の割合は「56.6%」となっている。(H26-3C改)

D ☓ (平成28年労働者健康状況調査)  「平成24年労働者健康状況調査」によると、現在の自分の仕事や職業生活での不安、悩み、ストレスについて「相談できる人がいる」とする労働者の割合は、「91.1%」となっている。(H26-3D改)

E 〇 (平成28年労働者健康状況調査) 本肢のとおりである。(H26-3E改)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成28年労働者健康状況調査から、労働者の健康状況に関する過去問です。職場の安全衛生に関しては、関心の高い分野でもありますから、最低限の箇所だけは目を通しておきたいところです。ランチタイム・スタディ(白書)も大詰めです。あと、残りわずかですので、がんばってください。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字