2018年06月15日

「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」の第19問 その2です。


「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」の主旨については、3月5日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。

さて、19問目は、「変形労働時間制、みなし労働時間制、業績評価制度」からの過去問その2です。



<問題(変形労働時間制、みなし労働時間制、業績評価制度)>

〔問〕 変形労働時間制、みなし労働時間制、業績評価制度等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、本問においては「平成29年及び平成24年就労条件総合調査」を参照している。

A 何らかの形で変形労働時間制を採用している企業割合は全体で5割強となっており、これを産業別にみると、「鉱業、採石業、砂利採取業」、「運輸業、郵便業」、「電気・ガス・熱供給・水道業」、「製造業」などの採用割合が高くなっている。

B フレックスタイム制を採用している企業割合は、3割を超えている。

C みなし労働時間制の適用を受ける労働者割合は、10パーセントを上回っている。

D みなし労働時間制を採用している企業の割合は全体では約1割だが、企業規模が大きくなるほど採用している企業の割合が低くなる傾向がみられる。

E 「平成24年就労条件総合調査」において、業績評価制度を導入している企業について、業績評価制度の評価状況をみると、「改善すべき点がかなりある」とする企業割合が「うまくいっているが一部手直しが必要」とする企業割合よりも多く、その割合は5割近くになった。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


A


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇  (平成29年就労条件総合調査の概況) 本肢のとおりである。変形労働時間制を採用している企業割合は全体で57.5%であり、5割を超えている。(H24-5C)

B ☓  (平成29年就労条件総合調査) 変形労働時間制を採用している企業割合は52.8%であり、それを種類別(複数回答)にみると、1年単位の変形労働時間制が33.8%、1か月単位の変形労働時間制が20.9%、フレックスタイム制が「7.9%」となっている。(H28-4C)

C ☓ (平成29年就労条件総合調査) みなし労働時間制の適用を受ける労働者割合は「8.5%」となっており、10%に達していない。(H28-4B)

D ☓  (平成29年就労条件総合調査) みなし労働時間制を採用している企業の割合は、14.0%であり、1,000人以上規模の企業が28.0%であるのに対し、30人~99人規模の企業は12.1%であり、企業規模が大きくなるほど採用割合が「高く」なっている。(H24-5D改)

E ☓  (平成24年就労条件総合調査) 業績評価制度を導入している企業について、業績評価制度の評価状況をみると、「改善すべき点がかなりある」とする企業割合は20.5%であり、「うまくいっているが一部手直しが必要」とする企業割合の46.0%よりも少ない。(H27-4C)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成29年就労条件総合調査から、変形労働時間制、みなし労働時間制、業績評価制度に関する問題です。変形労働時間制やみなし労働時間制、業績評価制度等の問題は、様々な角度から作りやすく、出題しやすいため要注意です。



来週もがんばりましょう。



この記事へのコメント

1. Posted by セイジ   2018年06月15日 15:13
5 いつも楽しく学習させていただいています。
ありがとうございます。

問題肢Cは、「10%に達している」ではないですか?
2. Posted by 横浜住民   2018年06月15日 16:57
セイジさんに同意です。

Cも、問題文の答えは〇ですよね?

AとCで迷ったので、いいところまで理解できてると、自分で納得しています。
3. Posted by 管理人   2018年06月15日 17:40
セイジさん、ご指摘、ありがとうございます。

仰るとおりです。
さっそく直しました。

「いつも楽しく学習させていただいています。」とのお言葉、大変、嬉しく存じます。
以前のランチタイムスタディのような、条文の箇所の出題とは違い、現在、実施しているものは労働統計に関する出題ですので、興味の無いという方が多いのではないかと若干、心配していました。

楽しくご覧いただいて、役に立っていただいているのであれば、大変嬉しく思います。

真夏の中での追い込みとなります。
どうか、お身体に気を付けて、気持ちを奮い立たせて本試験に立ち向かっていってください。
4. Posted by 管理人   2018年06月15日 17:58
横浜住民さん、コメント、ありがとうございます。

確かに、このままでは、W解答になってしまっていました。
早速、修正させていただきました。

「AとCで迷ったので、いいところまで理解できてると、自分で納得しています。」とありますが、その通りですね。
「統計数値の学習を全くしていない」場合や、「こういった調査の問題に苦手意識がある」方の場合には、5択から3択・2択などには全く進まない方も多いです。

どこかの肢を足掛かりに、集中して紐解いていくと正解にいきつける場合も案外ありますし、読み込む中で、思い出すことも往々としてあります。
日頃からこういった統計数値の問題に接していると、考える時間を日々取っていることになりますから、そういう意味では、仮に本試験で全然見たことのない問題に出くわしたとしても、考えるコツやヒントが頭の中にしまわれている状態になりますから、こういった問題に対する強度が増すことになります。

この調子でがんばっていってください。
5. Posted by 横浜住民   2018年06月16日 11:26
>管理人様

ご丁寧なご返事、ありがとうございました。

>興味の無いという方が多いのではないかと若干、
>心配していました。

とのことですが、私は全く気にしておらず、むしろ、他の予備校にはない独自の切り口の問題の出し方で、
新鮮さを感じ、重宝しております。

しかし確かに、おっしゃる通り、興味を持てない方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、提案?というほどでもないのですが、
ブログのレイアウトを少し変えてみてはいかがですか?

具体的に言うと、左側に並んでいる、ギャラリー、カレンダー、最新記事、アーカイブ、カテゴリーなどの順番を変えたり、新しいものを加えてみてはどうでしょう?

カレンダーは、日程の確認に必要なので一番上にして頂いて。

正直、「ギャラリー」は観ないですし、「最新記事」も毎日の記事の一番下に載っているのでかぶっています。

「アーカイブ」も利用の仕方がわかりません。

それよりも私たち受験生にとって一番必要なのは、過去問とその解説が載っている記事を探すことです。

「カテゴリー」も、現状では使いづらいので、
別の項目。例えば、ここ数年の過去問。みたいな項目を別に作って頂いて、現状の「カテゴリー」の中に入っている、科目別のものをそちらに移動していただき、一番上(カレンダーの下)に持ってくる。

そして、「過去問をチェックしたい方はこちらをどうぞ」みたいに記載して頂ければ、
白書対策も過去問対策も両方できて、こちらとしては助かります(レイアウト変更に、管理人様が大変でしょうが)。

手間はかかると思いますが、ブログの作りに詳しい人なら、それほど時間はかからないのでは、と思います。

ご一考ください。
6. Posted by 管理人   2018年06月18日 12:28
横浜住人さん、コメント並びにご提案、ありがとうございます。

おっしゃる通りですので、できるところからトライしてみたいと思います。
(少々、慌ただしい時期ですので、すぐにはできないと思いますが・・・)

確かに、カテゴリーのところは、後々の確認がしやすくなるためにも、特に過去問のところは使いやすいようにした方がいいと思いますので考えてみます。

今後ともブログの活用をよろしくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字