2018年03月14日

「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」の2問目の「雇用の動向(正規・非正規)」の練習問題です。

「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」の主旨については、3月5日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ白書・統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)
』をご覧ください。



<問題( 雇用の動向(正規・非正規))>

〔問〕 雇用の動向(正規・非正規)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 3年前(平成23 年)と比べた正社員数の変化をみると、正社員数が「減った」とする事業所割合が50.5%、「増えた」が27.2%、「変わらない」が20.6%となっている。

B 職種ごとに、正社員、正社員以外の労働者別の労働者割合をみると、「建設・採掘の仕事」、「サービスの仕事」、「事務的な仕事」、「販売の仕事」などでは、正社員以外の労働者が過半数を超えている。

C 2017年平均の役員を除く雇用者は6,720万人と、前年に比べ69万人の増加となり、正規の職員・従業員、非正規の職員・従業員ともに増加となっている。

D 非正規の職員・従業員を男女,年齢階級別にみると、男性は2017年平均で65歳以上が最も多く、次いで55~64歳、女性は55~64歳が最も多く、次いで45~54歳である。

E 非正規労働者数は2,036万人であり、雇用形態別にみると、パート・アルバイトが1,414万人と11万人の増加、契約社員が291万人と4万人の増加などとなっている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



E



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A ☓ (平成26年就業形態の多様化に関する総合実態調査)3年前(平成23 年)と比べた正社員数の変化をみると、正社員数が「減った」とする事業所割合が「27.2%」、「増えた」が「20.6%」、「変わらない」が「50.5%」となっている。

B ☓ (平成26年就業形態の多様化に関する総合実態調査)職種ごとに、正社員、正社員以外の労働者別の労働者割合をみると、「運搬・清掃・包装等の仕事」、「サービスの仕事」、「保安の仕事」、「販売の仕事」などでは、正社員以外の労働者が過半数を超えている。なお、正社員の労働者比率が高い主なものとしては、①管理的な仕事、②建設・採掘の仕事、③事務的な仕事、がある。

C ☓ (総務省「労働力調査詳細集計(速報)平成29年平均結果の概要」)2017年平均の役員を除く雇用者は「5,460万人」と、前年に比べ69万人の増加となった。このうち正規の職員・従業員は3,423万人と56万人の増加となった。一方、非正規の職員・従業員は2,036万人と13万人の増加となった。なお、本肢の6,720万人という人数は、2017年平均の労働力人口である。

D ☓ (総務省「労働力調査詳細集計(速報)平成29年平均結果の概要」)非正規の職員・従業員を男女,年齢階級別にみると、男性は2017年平均で65歳以上が170万人(26.3%)と最も多く、次いで55~64歳が149万人(23.0%)、女性は「45~54歳」が354万人(25.5%)と最も多く、次いで「35~44歳」が306万人(22.0%)などとなった。

E 〇 (総務省「労働力調査詳細集計(速報)平成29年平均結果の概要」)本肢のとおりである。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・問題としてやってみて初めて気が付くこともあります。少しずつでも白書・統計数値に接していく中で勘が利くようになってきます。



明日もがんばりましょう。






コメントする

名前
 
  絵文字