2018年02月09日

「ランチタイム・スタディ」の第88問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、88問目は、選択式の健康保険法です。

正答率30%の問題で、難問です。

※正答率が3割の問題です。



<問題( 選択式 健保 A )>

全国健康保険協会管掌健康保険の被保険者に係る報酬額の算定において、事業主から提供される食事の経費の一部を被保険者が負担している場合、当該食事の経費については、厚生労働大臣が定める標準価額から本人負担分を控除したものを現物給与の価額として報酬に含めるが、 A を被保険者が負担している場合には報酬に含めない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。

⑥ 経費の2分の1以上
⑦ 経費の3分の2以上
⑭ 標準価額の2分の1以上
⑮ 標準価額の3分の2以上



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



⑮ 標準価額の3分の2以上 (昭31.8.25保文発6425号)





-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・選択式の健康保険法のAは、現物給与の評価額に関する通達からの出題でした。実務的な規定が問われていることもあり、テキストの隅々まで目を通していないと対応できない問題でした。



来週もがんばりましょう。
次回のランチタイム・スタディは、2月12日(月)が祝日ですので、13日(火)からになります。




コメントする

名前
URL
 
  絵文字